2017年大 阪

「拓本の里」〜山頭火の句碑〜
indexにもどる

大阪府貝塚市に「拓本の里」があるというので、行ってみた。

「拓本の里」に7句6基の山頭火の句碑があった。


へうへうとして水を味ふ

いつしか明けてゐる茶の花

出典は『草木塔』

 「へうへうとして水を味ふ」は「昭和二年三年、或は山陽道、或は山陰道、或は四国九州をあてもなくさまよふ。」とある中の3句目。

 「いつしか明けてゐる茶の花」は「其中一人」とある中の句。

昭和7年(1932年)9月20日、山頭火は故郷の其中庵に移り住んだ。



鉄鉢の中も霰

出典は『行乞記(二)』

昭和7年(1932年)1月8日、福岡県遠賀郡芦屋町で詠まれた句。



春風の鉢の子一つ

出典は『其中日記(二)』。

昭和8年(1933年)3月19日、山口市小郡町で詠まれた句。



うれしいこともかなしいことも草しげる

出典は『其中日記(六)』。

昭和9年(1934年)7月1日、小郡(現山口市)の「其中庵」で詠まれた句。



空へ若竹のなやみなし

出典は『其中日記(八)』。『草木塔』に「雑草風景」とある中の句。

昭和10年(1935年)5月1日、小郡の「其中庵」で詠まれた句。



水あり水を飲むうらら

出典は不明。

2017年大 阪〜に戻る