2018年大 分

血の池地獄〜高浜虚子の句碑〜
indexにもどる

大正9年(1920年)7月12日、高浜虚子は別府で地獄巡りをした。

血の池地獄

 湯煙の消えてほのかや合歓の花

海地獄

 湯煙に人現るゝ時萱草も


血の池地獄(HP)に行ってみた。

まだ紅葉が残っていた。


昭和15年(1940年)10月23日、高浜虚子は血の池地獄へ。

十月二十三日。別府亀の井。

 秋晴の軸の大字のかはやかに

血の池地獄

 自づから早紅葉したる池畔かな

 綿羊に牧夫に秋の風寒し

 花すゝき皆ひれ伏して由布ケ峰


紅葉の下に高浜虚子の句碑があった。


自ら早紅葉したる池畔かな

昭和21年(1946年)11月15日、星野立子は血の池地獄へ。

 血の池地獄はずつと見おとりがした。ルビーポンドと
説明するのですといふ。ルビーとは大分違ふ鉄褐色のい
やな色の池である。

  小春なる海地獄見て来し目には


横から見た血の池地獄


昭和27年(1952年)5月25日、水原秋桜子は血の池地獄を訪れた。

   二十五日、地獄めぐり、血の池地獄 二句

白銀の焔うづまき岸に百合

春蝉や地獄に垂れし龍舌蘭

『残鐘』

上から見た血の池地獄


外に見るべきものは、なかった。

2018年大 分〜に戻る