2018年大 分

血の池地獄〜高浜虚子の句碑〜
indexにもどる

大正9年(1920年)7月12日、高浜虚子は別府で地獄巡りをした。

血の池地獄

 湯煙の消えてほのかや合歓の花

海地獄

 湯煙に人現るゝ時萱草も


血の池地獄(HP)に行ってみた。

まだ紅葉が残っていた。


昭和15年(1940年)10月23日、高浜虚子は血の池地獄へ。

十月二十三日。別府亀の井。

 秋晴の軸の大字のかはやかに

血の池地獄

 自づから早紅葉したる池畔かな

 綿羊に牧夫に秋の風寒し

 花すゝき皆ひれ伏して由布ケ峰


紅葉の下に高浜虚子の句碑があった。


自ら早紅葉したる池畔かな

横から見た血の池地獄


上から見た血の池地獄


外に見るべきものは、なかった。

2018年年大 分〜に戻る