昔の温泉栃 木

湯西川温泉「湯西川白雲の宿山城屋」


キスゲ平から霧降高原有料道路に戻り、湯西川温泉に向かう。


県道249号(黒部西川線)で湯西川温泉へ。


 湯西川温泉は「本家伴久萬久旅館」や「伴久ホテル」が有名だが、日帰り入浴はできない。

湯西川白雲の宿山城屋(HP)」のお風呂に入ることにした。

湯西川白雲の宿山城屋」のホームページは今年の6月に立ち上げたばかり。

湯西川白雲の宿山城屋」


湯西川白雲の宿山城屋」は以前「山城屋グランドホテル」といったそうだ。

宿泊客が入る時間で、ゆっくり写真は撮れなかった。

大浴場


何の変哲もない浴槽だった。

源泉名は湯西川集中管理前山源泉。

 泉質はアルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)。pH9.3。泉温は51.6℃。

源泉の湯量に限りがあるため季節により加水し、加温もしているそうだ。

露天風呂


渓谷を見下ろす露天風呂である。

露天風呂に降りていく石段で滑って転んでしまった。

私の前の人も滑って転んだそうだ。

後から来た人も滑って尻餅をついた。

湯西川の渓谷


ロビーから湯西川を見下ろす。


昭和44年(1969年)、水原秋桜子は湯西川温泉を訪れている。

   湯西川温泉

夏蝶や平家邑(むら)とて揚羽蝶

『緑雲』

湯西川


「本家伴久萬久旅館」の“かずら橋”が見える。これぞ湯西川温泉という感じ。

以前、撮った写真である。

昔の温泉栃 木に戻る