昔の温泉山 形

蔵王温泉「おおみや旅館」

indexにもどる

 月山八合目から羽黒町に戻り、県道44号余目温海線で山形自動車道庄内あさひICに入る。

 山形自動車道山形JCで東北中央自動車道に入り、山形上山ICから県道21号蔵王公園線で蔵王温泉に向かう。

今日は蔵王温泉「おおみや旅館」(HP)に泊まる。


蔵王温泉「おおみや旅館」は上湯共同浴場のすぐ上にあった。

館内のあちこちに竹久夢二の版画が飾られている。

黒船屋


モデルはお葉。

「おおみや旅館」は5つのお風呂があって、午後7時に男女入れ換え。

 姉妹店「蔵王国際ホテル」のお風呂にも入れるというので、明るいうちに行ってみた。

「蔵王国際ホテル」から帰ると入れ換えで、結局2つのお風呂しか入れなかった。

玉子風呂


源泉名は近江屋2号源泉。

 泉質は酸性・含鉄・硫黄−アルミニウム−硫酸塩・塩化物温泉(含硫化水素強酸性明礬緑礬泉)(低張性酸性高温泉)。PH1.6。泉温は48.5℃。

ちなみに「上湯共同浴場」、「下湯共同浴場」の源泉は近江屋3号源泉である。

源泉露天風呂


自然湧出で、源泉掛け流しである。

昭和39年(1964年)10月24日、星野立子は蔵王温泉「近江屋」へ。

 九分おくれて三時十七分山県着。観光課長白根利雄氏と降矢東郊
さんの出迎えを受け、小型バスで蔵王温泉へ向う。一時間後着。近
江屋。

この雨は雪呼ぶ雨ときゝ温泉に

頂は早や雪降るときゝ温泉に

 オリンピックの閉会式を宿のロビーでゆっくり見物 足許から
ぞくぞくと冷え込むような寒さになる

猫魔温泉へ。

昔の温泉山 形に戻る