昔の温泉

白布温泉「西屋旅館」
indexにもどる

 大石田から国道13号に出て、途中東北中央道、米沢南陽道路を通り、米沢へ。

米沢から県道2号米沢猪苗代線で白布温泉へ。


今日は「西屋旅館(HP)」のお風呂に入ることにする。

「西屋旅館」の日帰り入浴は12時〜15時30分。料金は500円。

 平成12年(2000年)の3月25日、白布温泉は「中屋旅館本館」から出火し、全焼。隣の「東屋旅館」にも燃え移り、全焼した。

今は「西屋旅館」だけが昔の面影をとどめる。


「西屋旅館」の廊下


源泉名は白布第2号源泉。

泉質は含硫黄−カルシウム−硫酸塩温泉。泉温は59.7℃。

 源泉温度が高いので、水道水(井戸水)を使って加水しているそうだ。もちろん加温などしていない。

3本の湯滝


3本の湯滝からほとばしるお湯がすべて掛け流し。


今時こんな温泉があったのかと、感激した。

昔の温泉に戻る