昔の温泉福 島

中ノ沢温泉「御宿万葉亭」


達沢の不動滝から中ノ沢温泉に戻る。


宝暦元年(1769年)5月、湯治場として開湯。

明治18年(1885年)、中ノ沢温泉として営業開始。

明治33年(1900年)6月23日、安達太良山噴火。

今日は御宿万葉亭」(HP)に泊まる。

平成3年(1991年)8月1日、小川屋旅館の新館として「御宿万葉亭」営業を開始。

部屋の窓から見る新緑。


水楢(みずなら)だそうだ。水楢(みずなら)はブナ科。

大浴場


檜造りの湯船

源泉名は沼尻元湯。

湧出量は毎分約10,000リットル。

安達太良山にある源泉から約7キロを引き湯しているそうだ。

 泉質は酸性−カルシウム・アルミニウム−硫酸塩・塩化物温泉(酸性低張性高温泉)pH1.9。泉温は71.8℃。

かけ流しの湯である。

露天風呂


貸し切り露天風呂「和合の湯」


2つの陶器製湯船が並んでいる。

御宿万葉亭」は旅タラダ「みやこの宿かり日記」でも紹介されたそうだ。

私が見たわけではないが...。

昔の温泉福 島〜に戻る