2011年岡 山

蓮昌寺〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

岡山市田町に蓮昌寺という寺がある。


佛住山蓮昌寺


日蓮宗の寺である。

岡山大空襲による被災建築物説明板

 蓮昌寺は、室町時代初期の創建と伝えられ、江戸時代初期の城下町整備に伴ってこの地に建築され、戦災前は本堂(桃山様)・三重塔(室町様)が国宝に指定されていました。

 昭和20年(1945年)6月29日未明の岡山大空襲の際、田町付近は特に激しい被害を受け、寺の建物はすべて焼け、当時の住職も亡くなりました。わずかに残った法華塔、頌徳碑、灯籠、句碑にも焼夷弾で焼けた跡や折れたり、欠けたりした傷跡が見られます。

岡山市

本堂の左手に芭蕉の句碑があった。


梅か香にのつと日の出る山路哉

『炭俵』冒頭、志太野坡と両吟歌仙の発句である。

元禄7年(1694年)春、芭蕉51歳の句。

二世藏六庵竹紫建立。

二世藏六庵竹紫は本名佐々木元吉。大正10年、没。

戦災で折れてしまったようだ。

碑の裏にも句が刻まれている。

海山にへたてはあれと梅に月   玄石

庭の築山にも芭蕉の句碑があった。


古池や蛙飛こむ水の音

出典は『蛙合』(仙化編)。

貞亨3年(1686年)春、深川芭蕉庵で詠まれた句。

芭蕉43歳の時である。

明治26年(1893年)10月、芭蕉の二百回忌に建立。

池に水はなかった。

2011年岡 山