今年の旅日記

桑川駅〜大野風柳の句碑〜
indexにもどる

新潟から「きらきらうえつ」で鶴岡に向かう。

2016年7月、「きらきらうえつ」が乗車40 万人を達成。

途中、「きらきらうえつ」は桑川で7分停車。

昨年は、桑川駅で「笹川流れの塩」が配布された。

桑川駅の左手に句碑があった。


蟹の目に二つの冬の海がある

川柳作家 大野風柳 略歴

昭和3年1月6日 旧新津市生まれ

昭和24年1月から川柳誌『柳都』を発行

柳都川柳社主幹を62年間(平成22年現在)務め、新潟を川柳王国にまで伸しあげる

現在、読売越路時事川柳欄選者を56年間担当

(社)全日本川柳協会会長
日本現代詩歌文学館常任理事
日野原重明先生の『新老人の会』川柳欄選者

受賞 平成5年 新潟日報文化賞
    平成9年 文部大臣地域文化功労賞
    平成15年 春の叙勲木杯1組台付賜与

その間NHK学園講師、テレビ・ラジオ川柳パーソナリティなどで活躍

著書『五・七・五のこころ』『定本大野風柳の世界』『定本大野風柳句集』など多数

新潟が川柳王国とは知らなかった。

選者を56年間担当したのは、凄い。

桑川の海


今年の旅日記に戻る