2009年新 潟

親不知展望台〜相馬御風先生歌碑〜
indexにもどる

天険親不知から国道8号を行くと、親不知展望台があった。


天険親不知


現在は海面が上昇し、海岸伝いを歩くことはできなくなった。

親不知・子不知の由来

 親不知・子不知の名のおこりについては、いくつかの説がある。

 その1つは、波打ちぎわを通るときには、親は子を忘れ、子は親をかえりみるいとまがなかったことから「親しらず子しらず」だという。

 一説では、寿永の昔、平清盛の弟池大納言平頼盛は、平家滅亡後も一人栄えたが、京童の悪口にたえきれず、その所領である越後五百刈村へ退隠した。

 この夫をしたって、ここをを通りかかった夫人が、2歳の愛児をふところからとり落とし、波にさらわれてしまった。悲しみのあまり詠んだ歌が

 親しらず子はこの浦の波枕越路の磯のあわと消えゆく

であった。この歌によって、それ以来、この地を親不知・子不知と呼ぶようになったともいう。

新潟県青海町

愛の母子像


相馬御風先生歌碑

先生は、早大校歌「都の西北」また「カチューシャの唄」等の作詩者であり、郷土の文豪である。

かくり岩によせてくだくる
沖つ浪のほのかに白き
ほしあかりかも

相馬御風は糸魚川の人である。

 明治42年(1909年)、河東碧梧桐は親不知を訪れる。

   親不知

蝉鳴かず空なる浪に親しめず

『新傾向句集』(親不知を見て)

 大正14年(1925年)8月26日、荻原井泉水は糸魚川の相馬御風を訪ねている。

私と北朗君との二人が糸魚川に相馬御風氏を訪うたのは、午後の暑いさなかであった。私達の旅の日程では、この日に糸魚川から親不知の旧道を歩き、市振へ行って泊ろうということであった。

『随筆芭蕉』(親不知を見て)

親不知の旧道は困難で、荻原井泉水は糸魚川に泊まった。

2009年新 潟〜に戻る