2009年長 野

真楽寺〜三重塔〜
indexにもどる

県道80号小諸軽井沢線は旧北国街道。


北佐久郡御代田町塩野に真楽寺という寺がある。

真楽寺仁王門


御代田町指定有形文化財

金剛力士像には安永2年(1395年)の紀年銘があるそうだ。

参道の先の石段を登ると、観音堂がある。


寛文5年(1665年)、建立。

観音堂の右手に芭蕉の句碑があった。


むすふよりはや齒にひゝく清水哉

出典は俳諧一葉集』

『新撰都曲(みやこぶり)』(言水編)には「泉かな」とある。

 貞亨年間(1684〜88)、芭蕉41歳〜44歳頃までの句ということだが、年次不明。

天保14年(1843年)10月12日、芭蕉百五十回忌に小林葛古建立。

葛古は小諸の俳人小林四郎左衛門。倉田葛三の門人。

 『諸国翁墳記』に「清水塚 信─ヌ間山真樂寺内同國佐久郡八満村 北林葛古建之」とある。

神代杉


樹齢千年あまりといわれるそうだ。

三重塔


寛延4年(1751年)、建立。
慶長18年(1613年)、焼失。

その後、再建。

御代田町指定有形文化財

 郡内では、臼田町新海山社、佐久市貞祥寺の三重塔とともに代表的な建造物である。

浅真山真楽寺


真言宗智山派の寺である。

大淀三千風の歌碑があった。


淺間山あさく見るへき煙かは吾身も終の空にくゆれは

 貞亨3年(1686年)4月8日、大淀三千風は真楽寺を訪れている。

 かくて上田海野小諸鹽野につく。明れは卯月八月八日會日なれは、みちづれあまたあり。さしも名高き淺間の嵩、天狗山、無間澤などたどりて、禅頂煙洞の内輪まで四里半。於(あゝ)雲のかけはし、煙のちまた、膽をひやし、人々逃まろぶ。漸々麓に下向して、大沼山眞樂寺に淺間記一軸を殘す。略。


 天保11年(1840年)5月25日、田川鳳郎を訪れている。

廿五日。帰路浅間根に添ふて追分へ出。此筋ハ延喜の朝の古道とかや。浅間別当真楽寺に詣、院主出迎しばらく休息してかたらふ。


2009年長 野〜に戻る