2013年長 野

小野神社〜信濃の国二之宮〜
indexにもどる

塩尻市北小野の国道153号(旧三州街道)沿いに小野神社がある。


天明3年(1783年)5月24日、菅江真澄は矢彦・小野神社を見ている。

道しばし経ていかめしきものあり。むかしまうで奉りし、

   しなのなる伊奈の都と思ふには誰かたのめの里といふらん

とながめある憑の神のおほんみづがきなりけり。

   誰もさぞたのむの神のみしめ縄かけて朽ちせぬちかひなるらん

としごとの葉月朔の日は、たのも祭とてかんわざのありて、なりはひを祈るみやしろなれば、神をたのめとも頼むとも里の名もしか言へり。

『伊那の中路』

小野神社


主祭神は建御名方命。

 建御名方命は科野(しなの)に降臨し、しばらくこの地に留まり諏訪に移ったという。

 永禄7年(1564年)、武田勝頼が戦勝祈願のため梵鐘を鋳造し、小野神社に寄進した。

 天明4年(1784年)3月16日、菅江真澄は矢彦・小野神社に再度参詣している。

十六日 頼母の神にまうでて拝みめぐる。千枝百枝にてうつぼ木多く生ひしげりて、いと神々たる社の中路をふみわけて行けば、いろいろの薬あり。小野の御社の前には世にことなる鐘をかけて、大檀那諏方四郎神勝頼と書付け給へり。矢彦明神の拝み処、きよらかにたくみなしたり。めもあやなりなど言ひつつ、ぬさを捧げて出る。

『すわの海』

小野神社の庭園に歌碑があった。


ひらひらと峠越えしは鳥なりしや若さなりしや聲うすみどり

斎藤史

日くれ径幼きものら摘みためしほたるふくろに灯の点りこよ

武川忠一

さみどりの朴の新芽のひらく庭夢のごとくに母われを呼ぶ

岡野弘彦

 平成8年(1996年)8月31日、全国短歌フォーラムin塩尻を記念して撰者3人の歌碑を建立。

社殿の裏手に芭蕉の句碑があった。


うきわれをさひしからせよかんこ鳥

初案は「うきわれをさびしがらせよ秋の寺」。

出典は『嵯峨日記』

元禄4年(1691年)4月22日、芭蕉48歳の句。

小野神社と並んで矢彦神社がある。


主祭神は大己貴命・事代主命。

 安徳天皇の御代、木曽義仲が宮材を木曽山林から伐り出し社殿を造営した。

矢彦神社の池の畔に芭蕉の句碑がある。


古池や蛙飛こむ水のをと

出典は『蛙合』(仙化編)。

貞亨3年(1686年)春、深川芭蕉庵で詠まれた句。芭蕉43歳の時である。

「後学雨路臨」とある。

 矢彦雨路は北小野の人。小野素水に俳諧を学ぶ。晩年は矢彦神社の神官を勤めた。

大正9年(1920年)、89歳で没。

矢彦神社の境内は辰野町小野。辰野町の飛地である。

小野神社と矢彦神社は共に信濃の国二之宮。

 中村伯先は姨捨の月を見に旅立ち、途中で小野神社・矢彦神社を参拝している。

巳の時過るばかり頼母の里をよぎる。あが信一州の一の宮八彦大明神・小野大明神両社立給ふ社なり。雨になやみて余所ながら拝しぬ。両社の間を御手洗川ながれて、筑摩・伊奈の境なるよし。


一之宮は諏訪大社である。

2013年長 野〜に戻る