私の旅日記2006年

チェリーパークライン〜紅葉〜
indexにもどる

上信越自動車道佐久ICから国道141号に入る。

平原で左折し、国道18号へ。

さらに右折してチェリーパークラインを上り、高峰高原に向かう。


チェリーパークラインの紅葉


 チェリーパークラインには若山牧水小林一茶など小諸ゆかりの人々が詠んだ歌碑、句碑が24基ある。

高浜虚子の句碑


遠山に日の当りたる枯野かな

明治33年(1900年)11月25日、虚子庵例会で詠まれた句。

 昭和19年(1944年)9月から昭和22年(1947年)10月まで虚子小諸に疎開していた。

遠くに山が見える。


この句の碑は東京都調布市の深大寺にもある。

チェリーパークラインには虚子の句碑があと2つある。

山国の蝶を荒しと思はずや

連峰の高嶺ここに夏の雲

句碑の前で車を停めるのは、大変なことである。

高峰高原は落葉松の黄葉


高峰山(標高2,092m)。


右に高峰高原ホテルが見える。

水ノ塔山へ。

「私の旅日記」2006年〜に戻る