2009年長 野

十六夜観月殿〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

坂城町網掛に十六夜観月殿がある。


村上大國魂社参道石段


村上大國魂社


村上氏の氏神である。

 寛治8年(1094年)、源顕清が信濃国更科郡村上郷に流され、村上氏の祖となった。

村上大國魂社の左に行くと、十六夜観月殿があった。


 元中年間(1384〜1392)、村上満清が観月殿を建てる。

 天文22年(1553年)、武田氏の攻略で兵火に罹り焼失。

 寛永年間(1624〜1645)、郷人によって再建。

 貞亨5年(1688年)8月16日、芭蕉は坂城で十六夜の月を詠む。

 安永3年(1774年)4月、高桑蘭更横吹に芭蕉の句碑を建立。後年、崖崩れで埋没。

十六夜観月殿の前に句碑が林立している。


中央の小高い所に芭蕉の句碑があった。


桃青靈神

いさよひもまた更級の郡かな

横吹八丁の山道に建てられた「十六夜塚」が、崖崩れで行方不明になっていた。

文政12年(1829年)、再建。

 『諸国翁墳記』に「十六夜塚 信州更級郡網掛村泉口諏方社境内十六夜山在 神主宮崎稲葉建」とある。

 天保14年(1843年)、「十六夜塚」は土中から発見され、坂城町苅屋原ミニパークの地に再建した。

春朗、寿の併刻句碑があった。


既望や山高からず低からず
   春朗

いさよひや冴る間もなし星の空
   寿

林立する句碑の中で最も古いものだそうだ。

安政3年(1856年)、宮崎春朗は金子寿と共に現在の十六夜観月殿を再々建。

十六夜観月殿から坂城の町を見下ろす。


2009年長 野〜に戻る