2010年宮 城

大光寺〜碓花坊也寥〜
indexにもどる

柴田町船岡南に大光寺という寺がある。


妙高山大光寺


妙高山大光寺(曹洞宗

 大光寺は湖海仲珊和尚が15世紀中頃開山、一時廃絶した。これを雲州全利和尚が再興したが、その年代は不明。文政6年(1823年)火災により伽藍が焼失した。

 柴田家の菩提寺で寛文事件の柴田外記も祀られている。

 本堂裏にある五百羅漢はも明和年間(1774−1772)この地方に疾病が流行し、住民は大変苦しんでいた。これを救おうと、第十四世環中道一和尚が経文を唱えながら像を刻み、疾病平癒を祈願したところ、その功徳が現われ治まったと伝えられているものである。

 環中道一和尚は、俳号を碓花坊也寥と称して広く知られていた。同郷の俳聖芭蕉を偲んで

名月や池をめぐりて終夜

の句碑を建立したもので、記念に連吟集『夜塚集』を刊行したと伝えられています。

柴田町教育委員会

碓花坊也寥は芭蕉と同郷で伊賀上野の人である。

本堂前の植え込みに芭蕉の句碑があった。


名月や池をめくりて終夜

出典は『あつめ句』(貞享4年編)。

貞亨3年(1686年)8月15日、芭蕉庵で月見の宴を催した折の句。

芭蕉43歳の時である。

明和5年(1768年)8月、碓花坊也寥建立。

 碓花坊也寥の妙高山大光寺入山7周年(あるいは鳥酔入門13周年もかねて)の建碑ということである。

本堂裏の五百羅漢


 明和8年(1771年)6月11日、諸九尼は大光寺に也寥和尚を訪ねている。

 十一日 舟岡の大光寺と申御寺に行。これは也寥和尚と聞えおはします大徳なり。手づから五百の羅漢の尊像をきざて、後の山に安置し給ふを結縁す。


 安永2年(1773年)、加舎白雄は「奥羽紀行」の旅の途上、大光寺に碓花坊也寥を訪れている。

2010年宮 城に戻る