2013年宮 城

八雲神社〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

石巻市鹿又字町浦の旧北上川沿いに八雲神社がある。


八雲神社


主祭神は須佐之男命

元和元年(1615年)、牛頭天王社として建立。

明治3年(1870年)、「八雲神社」と称す。

社殿の右手に芭蕉の句碑があった。


川上とこの川下や月の友

出典は『続猿蓑』

元禄6年(1693年)秋、深川の五本松で詠まれた句。

文政9年(1826年)8月15日、橘元良社中建立。

石段を上がると旧北上川

旧北上川に架かる天王橋


船渡(河南町鹿又字町浦)

本町正保元年(1644年)横町延宝元年(1673年)に宿場町として栄える。

「船渡」は伊達藩御塩蔵場に搬入・搬出する船着場、遠くは牡鹿郡桜浦・指浜・石浜方面よりの搬入もあり、常に高瀬舟、ヒラタ舟(※「ヒラタ」=「舟」+「帶」)が稼働し賑わった。

 元禄2年(1689)5月1日(陽暦6月27日)、芭蕉は石巻をを立ち、宿を借りた「四兵へ」「今一人」と柳津まで同道、登米へ。

一 十一日 天気能。石ノ巻ヲ立。宿四兵へ、今一人、気仙へ行トテ矢内津迄同道。後、町ハヅレニテ離ル。石ノ巻二リ、鹿ノ股。飯野川(一リ余渡有。三リニ遠し。此間、山ノアイ、長キ沼有)。矢内津(一リ半、此間ニ渡し二ツ有)。曇。戸いま(伊達大蔵・検断庄左衛門)、儀左衛門宿不借、仍検断告テ宿ス。

『曽良随行日記』

天明6年(1786年)8月14日、菅江真澄は鹿股から石巻に向かった。

十四日 朝とく風出て、ふり来ければ、雨つゝみしていでたり。みちいささか出て、鹿股(カノマタ)にくれば、有隣は石の巻てふ処にと聞へぬれば、いで其やとて、しばしありてこゝを出たり、籬のとまで萩のこぼれ出で、おかしくさきたれば、かのまたといふことをよめる。

   あかさりし此萩のとはいつるともなれしおしかのまたやとひこん


 平成17年(2005年)4月1日、河南町は雄勝町・河北町・北上町・桃生町・牡鹿町と共に石巻市と合併し、石巻市の一部となった。

2013年宮 城に戻る