2008年宮 城

秋保大滝〜秋保大滝不動〜
indexにもどる

国道286号(笹谷街道)から県道62号仙台山寺線に入る。

仙台市太白区秋保町馬場大滝に秋保大滝不動がある。


秋保大滝不動


 平安初期、比叡山延暦寺第二世円仁(慈覚大師)の開基である。大師は二口峠を出羽に越えて山寺を創建したが、途すがら大滝の壮観と森厳の気に心をうたれ、ここに錫を留めて不動尊を安置し、立石寺の奥の院にする。

滝見台から秋保大滝を見る。


秋保大滝

 森と水と山の里、日本には、いたるところに名瀑があります。新緑の断崖から落下する純白の滝を先人たちは「神」とあがめかけがえのない遺産として残してくれました。この秋保大滝が全国に約2500ヵ所もある滝の中から自然景観に最も優れた美しい滝として「日本の滝100選」の1つに選ばれました。この滝は幅6.0メートル、高さ55メートルで、昭和17年に国の名勝指定を受けている滝です。

宮城県観光課

滝壷に下る。


右の崖を登ってみる。


滝壷を見下ろす。


名取川の渓流


 寛政3年(1791年)5月23日、鶴田卓池は二口峠を越え仙台に向かう途中で秋保大滝を見ている。

二十三日 午時迄雨降 三里余野尻大滝ト云アリ

落ルコト四十余丈ト云 仙台ノ関アリ 弐り馬場

三りアヤシ 弐里半仙台城下国分町福田ヤ与八泊

つゝじか岡 木下ノ天神

『奥羽記行』(自筆稿本)

秋保温泉へ。

2008年宮 城に戻る