虚子の句碑

遠山に日の當たりたる枯野かな



松山市一番町2丁目に明楽寺という寺がある。

浄土真宗本願寺派の寺である。

明楽寺の境内に虚子の句碑があった。


遠山に日の當たりたる枯野かな

明楽寺の東に「高浜虚子住居跡」がある。

 明治15年(1882年)、虚子は玉川町84番戸(現在の松山市一番町1丁目)に居を定め、ここが虚子生い立ちの家となった。「遠山に日の当りたる枯野かな」の句は、ここから東野・湯山方面を遠望して写生したものである。

明治33年(1900年)11月25日、虚子庵例会で詠まれた句。

平成12年(2000年)8月21日、建立。

句 碑