虚子の句碑

よくぞ来し今青嵐に包まれて


 登別市カルルス町のカルルス温泉に高浜虚子の句碑があるというので、行ってみた。

 温泉場より西に数町行けば、勝鬨の瀧あり。一渓の水堰きとめられて、湖水となり、水力電気の源となる。なほ西一里にして、カルゝス温泉に到るべし。途中右に三四町も入れば、橘池とて、周囲数町の湖水あり。カルゝス温泉場は温泉宿を加へて、人家二三軒、山中の仙境也、千歳川を隔てゝ、共同浴場あり。酔ひて登別に歌管を聴き、醒めてカルゝスに渓声を聴くも、亦人生の清興たらずんばあらず。

「北海道山水の大観」(登別温泉)

登別川(千歳川)沿いの遊歩道に高浜虚子の句碑があった。


よくぞ来し今青嵐に包まれて

 昭和23年(1948年)6月15日、高浜虚子・高浜年尾らは登別温泉に宿泊。翌16日、カルルス温泉に吟行、虚子の歓迎句会で詠まれた句。

 昭和24年(1948年)8月8日、カルルス温泉開湯50周年記念に建立。同36年の水害で流失、同46年10月、再建。

左に旧碑が横たわっていた。

虚子の句碑に戻る