芭蕉の句碑『奥の細道』


夏山に足駄を拝む首途(かどで)

明王寺から修験光明寺跡へ。

芭蕉の句碑がある。


夏山に足駄を拝む首途哉

 修験光明寺と云有。そこにまねかれて行者堂を拝す。夏山に足駄を拝む首途哉

 「夏山に足駄を拝む首途哉」の句碑は黒羽城址公園の入り口にもあった。「芭蕉の里くろばね案内図」と照合すると、黒羽城址公園の入り口にあったのも文学碑なのだろう。

 光明寺は、文治2年(1186年)に那須与一が阿弥陀仏を勧請して建立したが、その後久しくに廃絶。永正年間(1504〜1521年)津田源弘により修験堂として再興された。

芭蕉が修験光明寺に招かれたのは、4月9日(新暦5月27日)のこと。

   一 六日ヨリ九日迄、
 雨不止。九日、光明寺ヘ被招。昼ヨリ夜五ツ過迄ニシテ帰ル。

『曽良随行日記』

 当時は第7代津田源光権大僧都で、妻は鹿子畑(かのこはた)左内の娘なので、翠桃が口添えをしたのであろうと書いてあった。

   黒羽光明寺行者堂

夏山や首途を拝む高あしだ   翁

   同

汗の香に衣ふるはん行者堂


汗の香に衣ふるはん行者堂」は『雪満呂気』で曽良の句とする。

 元禄9年(1696年)、天野桃隣は行者堂に参詣し、句を詠んでいる。

      行者堂に詣

   ○手に足に玉巻葛や九折(つづらおり)


かさねとは八重撫子の名成べし 曾良」の句碑へ。

芭蕉の句碑『奥の細道』〜に戻る