芭蕉の句碑〜『奥の細道』


野を横に馬牽むけよほとゝぎす

 「山も庭もうごき入るや夏座敷」の句碑に気づかないまま、「芭蕉の館」を後に、常念寺に向かう。

常念寺に芭蕉の句碑がある。


野を横に馬牽むけよほとゝぎす

浄坊寺桃雪建立の句碑だそうだ。かなり古い句碑である。

 是より殺生石に行。館代より馬にて送らる。此口付のおのこ、短冊得させよと乞。やさしき事を望侍るものかなと、野を横に馬牽むけよほとゝぎす

 元禄2年(1689年)4月16日(新暦6月3日)、芭蕉は14日間滞在した黒羽を発って殺生石に向かう。余瀬に立ち寄り、昼に及んで黒羽の館代浄坊寺桃雪に野間まで馬で送られた。

この時、馬方の求めに応じて詠んだ句である。

 一 十六日

 天気能。翁、館ヨリ余瀬ヘ被立越。則、同道ニテ余瀬ヲ立。及昼、図書・弾蔵ヨリ馬人ニテ被送ル。馬ハ野間ト云所ヨリ戻ス。此間弐里余。高久ニ至ル。雨降リ出ニ依、滞ル。此間弐里半余。宿角(覚)左衛門、図書ヨリ状被添。

『曽良随行日記』

今日も又朝日を拝む石の上」の句碑へ。

芭蕉の句碑〜『奥の細道』〜に戻る