2008年神奈川

遊行寺〜時宗総本山〜
indexにもどる

藤沢市に時宗総本山遊行寺があるというので、行ってみた。


遊行寺の総門


黒門といろは坂

遊行寺の総門の冠木門で、日本三大黒門のひとつといわれます。参道の石段は48段あることから、いろは坂と呼ばれています。

遊行寺本堂


藤沢山無量光院清浄光寺である。

本尊は阿弥陀如来。

時宗総本山遊行寺

 清浄光寺が公式の寺名ですが、遊行上人の寺ということから広く一般に遊行寺と呼ばれます。

 宗祖は一遍上人(1239年〜1289年)で南無阿弥陀仏のお札をくばって各地を回り、修業された(遊行といいます)念仏の宗門です。この遊行寺は正中2年(1325年)遊行四代呑海上人によって藤沢の地に開かれ、時宗の総本山となっています。

 宝物として、国宝「一遍聖絵」、国重要文化財「時衆過去帳」など多数があります。

 境内には日本三黒門の一つである総門、銀杏の巨木、中雀門、市指定文化財の梵鐘、国指定の藤沢敵御方供養塔、小栗判官と照手姫の墓、板割浅太郎の墓、有名歌人の句碑などもあります。また、桜、ふじ、花菖蒲の名所で、観光百選の一つにもなっています。

「有名歌人の句碑」というのは変だ。

一遍上人像


 文明18年(1486年)、道興准后は遊行寺を訪れている。

藤沢の道場、聞えたる所なれば一見し侍りき。ある寮にて茶を所望し侍り、暫く休みけるに池の紅葉のちりけるを見て、

   沢水もかけは千いろの木の葉かな

道場の前に、ふりたる松に藤のかゝりければ、

   紫の色のゆかりの藤さはにむかへの雲をまつぞ木たかき


 元禄3年(1690年)10月2日、鬼貫は藤沢に泊まり遊行寺に参詣している。

藤澤にとまりて、二日の朝遊行の御堂にまいる。看經の聲たふとく、我も無念の念佛す。

   十月の二日も我もなかりけり


天野桃隣は遊行寺の句を詠んでいる。

   遊行寺

十人の殿等強し梅もどき   桃隣


鐘 楼


清浄光寺銅鐘は神奈川県指定重要文化財(工芸品)。

 宝暦7年(1757年)、白井鳥酔は遊行寺を訪れている。

   遊行寺にて

手渡しの落葉を得たり法の場


 享和元年(1801年)2月、井上士朗は門人松兄・卓池を伴い江戸へ赴く途中で遊行寺の鉦を聞いている。

遊行寺の鉦はけんけんとなりて雉の声に似たり。松風のひまに聞なしたれば、父はゝの頻りに恋しと申されし高野にも思かへて尊とし。


大銀杏(いちょう)


藤沢市指定重要文化財(天然記念物)

(けやき)の新緑


 享和元年(1801年)2月28日、大田南畝は大坂銅座に赴任する旅で遊行寺を訪れている。

山あひの墓原をへて、藤沢山清浄光寺のうら門より入て見るに、本堂・観音堂・鐘楼・経蔵などつきづきし。方丈のかた見やるゝに、上方に富士見の亭高し。かの白川候(侯)のかゝせ給へる清音の額もこの所なるべし。堂の側に桜咲出たり。山門を出て額をあふぎ見るに、藤沢山とあり。従二位藤原道基卿のかゝせ給へるとぞ。


中雀門


文化3年(1806年)7月5日、菜窓菜英は遊行寺に詣でた。

親子ともせちに畄めけるも聞かす遊行

寺にまうて、小栗の墓像なと拝ミゆくに

雷雨しけゝれハ、

   立や秋遊行の砂の雨さめて

やうやうと戸塚に到る。


枝垂れ桜


 明治38年(1903年)10月、高浜虚子は戸塚から藤沢まで歩いて遊行寺へ。

東海道。戸塚の衆を誘うて藤沢まで二里の夜道を歩く。

 七人の大いなるかな月の暈

遊行寺。

 静かさや藤沢寺の月の暈

 月の暈二更の星の低く飛ぶ

 起きて居る蕎麦屋も月の暈の下


 昭和15年(1940年)6月28日、星野立子は鎌倉俳句会で遊行寺へ。

 六月二十八日。鎌倉俳句会。藤沢遊行寺。

  山門は古くよりなく夏木立

  噴水や思ひだんだん映るまゝ

  奥の間の梅雨の畳の波うてる


 昭和17年(1942年)5月4日、高浜虚子は遊行寺に遊ぶ。

五月四日。みづほ 素十 中村桐花と遊行寺境内に遊ぶ。

 緑して装ひ成りし大樹かな

 境内やところどころに大夏木

 墨をもて描きし如き夏木かな


 昭和41年(1966年)11月13日、星野立子は玉藻探勝会で遊行寺へ。

十一月十三日 玉藻探勝会 藤沢 遊行寺

遊行寺はなつかしき寺時雨れをり


2008年神奈川〜に戻る