2010年神奈川

「柏尾通り大山道」道標〜芒の家兎月の句碑〜

厚木市下津古久の県道22号横浜伊勢原線沿いに道標がある。


道標


 東海道戸塚宿はずれの柏尾から分かれて大山へ向かう「柏尾通り大山道」沿いに造立された道標である。県道の拡張工事に伴い、現在地に移転したとのこと。

頭部に不動明王像。

右側面:
左 大山道


秩父 右 戸田舟渡道
正 面:
坂東

西國 左 ほしのや観音


夏来ても只ひとつ葉の一つかなはせを
左側面:
享和元辛酉季夏蟻穴庵米山 六十九歳書

俄雨まつの凌や屋台見世芙 来

「ほしのや観音」は座間市にある坂東三十三観音霊場第8番妙法山星谷寺。

芭蕉の句の出典は『阿羅野』

『泊船集』に拠れば「一つかな」は誤りで、「一葉哉」が正しい。

下津古久の稲荷神社に芒の家兎月の句碑があった。


いつしかに月は出てあり薪能

大正5年(1916年)2月、加藤米蔵建立。

加藤米蔵が芒の家兎月である。

昭和2年(1927年)9月24日、米蔵は67歳で没。

2010年神奈川〜に戻る