2008年神奈川

江の島〜稚児ヶ淵〜
indexにもどる

弁天橋から遊覧船で江の島裏の岩屋に向かう。


遊覧船から見る江の島


江の嶋や蘭の花ほど青みたる波がしら立つ桟橋のもと

与謝野晶子「鎌倉詠草」

遊覧船とすれ違う。


稚児ヶ淵の海


浪を見つゝ子供に蜜柑たべさせる   井泉水

岩屋に与謝野晶子の歌碑があるそうだ。

沖つ風吹けばまたゝく蝋の灯にしづく散るなり江の島の洞

相州江ノ嶋岩屋之図


 貞享2年(1685年)5月、榎本其角は箱根木賀山の温泉に赴く。帰途江の島を訪れた。

   江の島

微雨の窟座頭一曲聞へ給へ


 元禄5年(1692年)5月25日、貝原益軒は藤沢から江の島に渡る。

藤沢より絵嶋に一里に遠し。潮あさければ船にてわたらず、里人をやとひ、背にをはれてわたり、あなひをつれ、絵嶋明神の社、所々見めぐり、山をこえて竜穴にいたる。いは屋の口はひろくして、よこは四間ばかり、高さは五六間もありなん。


 元禄11年(1698年)5月末、岩田涼莵は伊勢を立ち、6月12日、江戸に着く。

   江 嶋

むかふ日や萱も薄も辨才天


 宝永5年(1708年)6月、明式法師は鎌倉から江の島を訪れている。

かまくらのつゐで固瀬(かたせ)の波におぶねさして、江の島に渡る。島の美景いはむかたなし。天女のやしろ三所には、おのおの見めくる。下の宮のあないのもの、脛たかくかゞげて、岸をとぶこと通を得たり。七里が濱まなこのまへに現す。かくてもへける蜑の子ら搗和布(かじめ)をひろひて、波を追ひ熨斗をさらすに、晴を乞ふ。折ふし伊豆山の方夕立もよひて、風先ひやゝかに、波おくりつ。岩根に汗を入る。

   離れ鵜や妻子だしぬく雨の松


 元文2年(1737年)6月、佐久間柳居は箱根の帰りに江ノ島で句を詠んでいる。

   江の嶋

琵琶聞かぬ日もうつむくや百合の花
   麦阿


 安永9年(1780年)4月17日、蝶夢は江戸からの帰途、江の島へ渡った。

 十七日、海の面静に、風あらねば江の島へわたる。上下の堂塔、異国の碑文など見て、渚に下りて、龍穴に入りみる。天女のあらはれ給ひし巌屋といふ、其奥いと深く、松どもともし、打ふりて行。此磯より海をへだてて、富士の山麓のながれまでかくれずみゆ。今は年頃の願ひも心やれるおもひなして、下りゐて詠。


 天明8年(1788年)4月18日、蝶夢は再び江の島へ渡った。

天女の岩窟は、しほじを経てはるかの奥深く入。江の島やさして塩路に跡たるゝ神はちかいのふかき成べし」と、古歌にも有。

   江の島の奢や夏の雨曇り


加舎白雄の句がある。

   江の嶋岩屋にて

はる風や潮に手洗ひ口そゝく


芭蕉の句碑へ。

2008年神奈川〜に戻る