2008年神奈川

辺津宮〜江島弁財天〜
indexにもどる

中津宮から坂を下って辺津宮へ。


江島神社辺津宮


江島神社

 当神社は三宮から成り、奥津宮に多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)、中津宮に市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)、邊津宮に田寸津比売命(たぎつひめのみこと)をお祀りする。
 社伝の「江島縁起」等は欽明天皇13年(552年)の創建と伝える。『吾妻鏡』には寿永元年(1182年)、 源頼朝は祈願のため文覚上人をしてお岩屋に弁財天を勧請、江島明神と称えて参詣し幕府の祈願所とした。
 以降朝武の信仰を集めたが、江戸時代に至り庶民の間に信仰が広がり江島詣が盛んとなり、江島寺金亀山与願寺とも称し、岩本院上之坊下之坊があった。徳川家康はお岩屋に詣で社領を寄進している。
 明治初年の神仏分離により、江島神社と号した。

 当社は江島弁財天として天下に名高く、日本三大弁財天の1つであり、財宝招福・学芸上達・夫婦和合・交通安全等の神として広く信仰されている。弁財天御尊像は邊津宮境内奉安殿にお祀りしてある。

養和2年5月27日、改元。「寿永元年」は養和2年が正しい。

 4月5日 乙巳

 これ高尾の文覺上人、武衛の御願を祈らんが為、大弁才天をこの島に勧請し奉る。供養法を始行するの間、故に以て監臨せしめ給ふ。密かにこの事を議す。鎮守府将軍藤原秀衡を調伏せんが為なりと。今日即ち鳥居を立てらる。


江島弁財天


あと2つの日本三大弁財天は、竹生島と厳島

東京都台東区の浅草弁天と千葉県柏市の布施弁天とともに関東三弁天のひとつ。

昭和46年(1971年)、山口誓子は江島弁財天を訪れている。

   江の島

寒鴉その他辨財天配下

寒鴉いま辨財天と吾とのみ

『不動』

弁天橋を見下ろす。


2008年神奈川〜に戻る