2009年神奈川

白幡神社〜源実朝の歌碑〜
indexにもどる

鶴岡八幡宮の白旗神社に向かう。


源氏池に蓮の花が咲いていた。


栗鼠がいた。


鳩の餌を食べている。

鎌倉国宝館の木陰に源実朝の歌碑があった。


山はさけうみはあせなむ世なりとも君ふた心わがあらめやも

『新勅撰和歌集』(巻第十七)収録の歌である。

昭和17年(1942年)、鎌倉文化連盟建立。

関東大震災で倒れた二の鳥居による。

大君に二心(にしん)あらじとうたひたる實朝を思ふこのごろや切

『玄 冬』

白旗神社


祭神は源頼朝公、実朝公。

2009年神奈川〜に戻る