街 道東海道


宿駅制度制定400年記念碑

名古屋市南区呼続に清水稲荷大明神がある。


清水稲荷大明神の鳥居の脇に「宿駅制度制定400年記念碑」があった。



 今に残る東海道は、徳川家康による宿駅制度制定以来、わが国の代表的な幹線道路として産業・経済・文化の発展に大きく寄与してきた。江戸時代東海道の西側には、呼続浜の潮騒が磯を洗い、大磯の名を残している。ここで造られた塩は塩付街道を通じて小牧・信州に送られていた。東側には、松林を遠く望む風光明媚な景勝の地として有名であった。

 現在は繁華な町となるも、長楽寺・富部神社・桜神明社など、名所旧跡を多く残し、今日に至るまで数々の歴史の重みに思いをはせるものである。

 名古屋市・呼続学区

街 道東海道に戻る