街 道東海道


高輪大木戸跡

港区高輪の国道15号沿いに高輪大木戸跡がある。


宝永七年庚寅、新たに海道の左右に石垣を築かせられ、高札場となし給ふ。(その初めは同所、田町四丁目の三辻にありし故に、今もかの地を元札の辻と唱ふ。)この地は江戸の喉口なればなり。(田町より品川までの間にして、海岸なり。)七軒と云ふ辺は、酒旗肉肆海亭をまうけたればば、京登り、東下り、伊勢参宮等の旅人を餞(おく)り迎ふるとて来ぬる輩(ともがら)、こゝに宴を催し、常に繁昌の地たり。後には三田の丘綿々とし、前には品川の海遥に開け、渚に寄る浦波の真砂(まさご)を洗ふ光景などいと興あり。


高輪大木戸跡


史跡 高輪大木戸跡

 高輪大木戸は、江戸時代中期の宝永7年(1710年)に芝口門にたてられたのが起源である。享保9年(1724年)に現在地に移された。現在地の築造年には宝永7年説・寛政4年(1792年)など諸説がある。

 江戸の南の入口として、道幅約6間(約10m)の旧東海道の両側に石垣を築き、夜は閉めて通行止とし、治安の維持と交通規制の機能を持っていた。

 天保2年(1831年)には、札の辻(現在の港区芝5の29の16)から高札場も移された。この高札場は、日本橋南詰・常磐橋外・浅草橋内・筋違橋内・半蔵門外とともに江戸の六大高札場の1つであった。

 京登り、東下り、伊勢参りの旅人の送迎もここで行われ、付近に茶屋などもあって、当時は品川宿に至る海岸の景色もよく、月見の名所でもあった。

 江戸時代後期には木戸の設備は廃止され、現在は海岸側に幅5.4m、長さ7.3m高さ3.6mの石垣のみが残されている。

 四谷大木戸は既にその痕跡を止めていないので、東京に残された、数少ない江戸時代の産業交通土木に関する史跡として重要である。震災後「史跡名勝天然記念物保存法」により内務省(後文部省所管)から指定された。

東京都教育委員会

史跡 高輪大木戸跡


昭和3年2月 文部大臣指定

昭和7年3月 建設 東京市

享和年間伊能忠敬が全國を測量するに當り此處を其の起點とした事は著名である。

昭和18年(1943年)7月1日、東京都制施行。

東京市は廃止された。

街道東海道に戻る