街 道例幣使街道


金崎宿

 東北自動車道栃木都賀JCで北関東自動車道に入り、都賀ICから県道3号宇都宮亀和田栃木線を行く。


  この辺りの県道3号は旧日光例幣使街道だ。


 東武日光線東武金崎駅の辺りは古くて大きな家が多く、宿場町の面影を残している。旧本陣古沢家があるそうだが、案内は何もない。

古くて大きな家に「古沢」という表札だけは見つかった。


金崎宿は芭蕉が通ったわけではない。

 県道3号から国道293号に入る。国道293号は楡木(にれぎ)で国道352号に合流する。


  この辺りの国道352号は旧日光西街道(壬生通り)。

『曽良随行日記』には次のように書かれている。

(廿九日)
 一 壬生ヨリ楡木ヘ二リ。ミブヨリ半道バカリ行テ、吉次ガ塚、右ノ方廿間バカリ畠中ニ有。
 一 にれ木ヨリ鹿沼ヘ一リ半。
 一 昼過ヨリ曇。同晩、鹿沼(ヨリ火バサミヘ弐リ八丁)ニ泊ル。

  芭蕉は室の八島から日光西街道(壬生通り)を通り、楡木で例幣使街道に入った。

旧日光例幣使街道は鹿沼で国道121号になる。

  元禄2年(1689年)3月29日(新暦5月11日)、芭蕉は鹿沼に泊まった。

街 道例幣使街道に戻る