街 道中山道


中山道鴻巣宿

鴻巣の県道57号さいたま鴻巣線は旧中山道。


鴻巣宿は中山道7番目の宿場町。

岐岨街道 鴻巣 吹上富士遠望 (英泉)


 元禄4年(1691年)10月9日、森川許六は彦根藩中屋敷を出て彦根藩に帰る。その日は鴻巣に泊まる。

こよひは武蔵の国鵠の巣といふ所にとまり侍る。十日未明にたつ旅のかりやのありさま、上段下段とやらんをしつらひたれ共、はゞからず一夜を明したるは、誠に旅したるおもひ出ならん

大名の寝間にも寝たる寒さかな

木がらしや百姓起て出る家


 享和元年(1801年)3月18日、鶴田卓池井上士朗に随行して江戸を立ち信州へ旅をする。

三月十八日江戸ヲ立

  鴻巣にて

忘れては杖買ふ花の木下哉

春雨の朝々あかる旅寝哉


 享和2年(1802年)4月6日、太田南畝は鴻巣宿を通る。

鴻の巣の駅は浅岡彦四郎御代官所といへる榜示たてり。左の方に(社)みゆ。駅舎のさまひなびたり。小川素麪、行田膏薬など(いふ)書付みゆ。左に寺二つばかりあり。右に勝願寺あり。下馬札をたつ。


本町4丁目に「鴻巣宿本陣跡」の碑があった。

鴻巣本陣跡


 文化6年(1809年)4月5日、小林一茶は江戸を立ち、鴻巣宿に泊まっている。

十二里鴻巣下の油屋に泊

『文化六年句日記』

 文化7年(1810年)5月10日、一茶は上尾で雨に遭い、鴻巣宿に泊まっている。

鴻之巣 油屋次良左衛門[に]泊

『七番日記』(文化7年5月)

 天保2年(1831年)10月11日、渡辺崋山は「毛武」へ旅立ち、夜更けになって鴻巣に泊まる。

 人の行きゝもなく雨またしきりにふり出す。人の家かりて簑と笠とになれ、なかなか旅人のけしきなれど、つかれてくるしさ言んかたなし。漸に鴻の巣穀屋次郎兵衛かたに宿かる。


 嘉永6年(1853年)5月23日、吉田松陰は江戸に行く途中、熊谷から鴻巣に至る。

二十三日  晴。熊谷を發し鴻巣に至る、此の間四里八町。


本宮町1丁目に鴻神社があった。

鴻神社


 明治6年(1873年)、氷川社・熊野社・竹ノ森雷電社の3社を竹ノ森雷電神社の地に合祀したもの。

竹ノ森雷電社は鴻巣宿の鎮守として崇敬されていた。

街 道中山道に戻る