街 道東海道


島田から大井川を渡り、金谷に入る。


佐塚書店に「遠州金谷宿本陣跡佐塚屋」の標柱があった。


 JA大井川金谷支店・地域交流センターの前には「遠州金谷宿本陣跡柏屋」の標柱があった。


 東海道五十三次内

遠州「金谷宿」柏屋本陣跡

 「金谷宿」は江戸時代・東海道24番目の宿場として、徳川家康が伝馬制度を定めた慶長6年(1601年)に始まりました。

 東に大井川、西に小箱根といわれた「金谷坂・菊川坂」「小夜の中山」の難所を控えたこの地はまさに東海道の交通の要衝であり、天保14年(1843年)頃の金谷宿明細書によると、大名や公卿等の休宿にあてられた「本陣」が3軒(佐塚屋・柏屋・山田屋)、「脇本陣」1軒、「旅籠」51軒が確認されており、参勤交代制が実施された寛永12年(1635年)以降は宿場において重要な機能をはたしました。

 本陣の一つ「柏屋」は、先祖の功によって徳川家康より屋敷を賜わり、二百数十年間金谷宿本陣の経営と名主を勤めました。現在では商店街となっており、宿場の面影は見られませんが、JA大井川金谷支店・地域交流センターの場所が「柏屋」であった場所です。

 享和元年(1801年)3月2日の「酉の下刻」、大田南畝は大坂銅座に赴任する旅で金谷宿に着いた。

酉の時なかば過比なるべし。宿を松屋十右衛門といふ。名におふ大井川も、やすらかにこしたりと思ふにうれしく、衾かづきてふしぬ。是より遠江の國なり


街 道東海道に戻る