歌 碑


伊藤左千夫



わかやとの軒の高葦霜かれて くもりにたてり葉のおともせず

みゆき公園(山形県上山市)



よき日には庭にゆさぶり雨の日は家とよもして児等が遊ぶも

錦糸町駅南口(東京都墨田区)



牛飼がうたよむ時に世の中のあらたしき歌おほいに起る

普門院(東京都江東区)



朝起きてまだ飯前のしばらくを小庭に出でて春の土踏む

大島6丁目団地(東京都江東区)



竪川に牛飼ふ家や楓萌え木蓮花咲き児牛遊べり

城東高校(東京都江東区)



牛飼かうたよむ時に世の中のあらたしき歌おほひに起る

日向小学校(千葉県山武市)



ふるさとのわか家の森はくすわか葉しいのわか葉にわれをまてりけり

成東中学校(千葉県山武市)



牛飼が歌よむ時に世の中の新しき歌大いに起る

伊藤左千夫の生家(千葉県山武市)



久々に家歸り見て故さとの今見る目には岡も河もよし

総武本線成東駅(千葉県山武市)



天地の四方の寄合を垣にせる九十九里の濱に玉拾ひ居り

本須賀海水浴場(千葉県山武市)



天人の笛吹川に名も立てる岸の栗原色づきにけり
笛吹の川のかけ橋鍛冶や橋栗の黄葉の秋は見るべし
笛吹の岸の木原の栗黄葉時雨に過ぎて心ともしも

放光寺(山梨県甲州市)



虫まれに月も曇れるほのやみの野路をたどる吾が影もあやに
いにしへの事を思ひつゝさび家を暗き林をかへりみるかも
家作りものものしきを煤さびて蚕飼に暗し世の移りかも

広丘郵便局(長野県塩尻市)



夕日さし虹も立ちぬと舟出せばまた時雨くる諏訪の湖

津島神社(長野県諏訪郡下諏訪町)



寂志左乃極尓堪弖天地丹寄寸留命乎都久都九止思布

富士見公園(長野県諏訪郡富士見町)

歌 碑に戻る