2010年岩 手

雑草園〜山口青邨〜
indexにもどる

北上市本石町に詩歌の森公園がある。


詩歌の森公園に日本現代詩歌文学館がある。


 日本現代詩歌文学館に隣接して山口青邨の三艸書屋と雑草園が復元されていた。

大正11年(1920年)、青邨は及川古志郎の妹イソと結婚。

 及川古志郎は旧制岩手県立盛岡中等学校(現・岩手県立盛岡第一高等学校)出身。1学年上に米内光政、3学年下に石川啄木がいた。

 昭和6年(1931年)、青邨は東京都杉並区和田本町のこの家に移り住み、生涯をここで過ごした。

三艸書屋書斎


八月十五日終戦記念日、戦中庭に落ち火を噴きし焼夷弾、その殻を筒とし庭の向日葵を挿すを例とす

焼夷弾筒向日葵をさす敗戦日

昭和54年作『日は永し』所載

床の間


私の家の界隈は五月二十四日の夜、東京最後の空襲だった。焼夷弾が花火のように降り注ぎあたりは火の海、横なぐりに火の粉、焔の塊が飛んできた、熱風で眼があけられなかった、茂った木や草や竹藪がばらばら火の粉をふり落した。

一本の焼夷弾の殻がある、庭につきささってぼうぼう火を噴いていたのだ。金属製の筒、花活けに手頃だ、終戦三十年、花を活けて床に飾ろうと思う。

花は何にしよう、鹿の子百合、向日葵、どっちも庭の花だ。

『三艸書屋』雑筆所載「終戦の日」より抜粋

和室外観


青邨の句碑


菊咲けり陶淵明の菊咲けり

昭和10年(1935年)の句。

『雪国』に収録。

「飲酒二十首」(其の五)

結盧在人境   而無車馬喧
問君何能爾   心遠地自偏
采菊東籬下   悠然見南山
山気日夕佳   飛鳥相與還
此中有真意   欲辨已忘言

平成5年(1993年)、建立。

2010年岩 手〜に戻る