2008年茨 城

報国寺〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

常総市水海道亀岡町に報国寺(HP)という寺がある。


亀岡山豊田院報国寺


浄土宗の寺である。

本堂左手に芭蕉の句碑が3つ並んでいる。

中央の芭蕉句碑


野をよ古爾う万曳む希与保とゝ幾須

 元禄2年(1689年)4月16日、『奥の細道』の旅の途中、黒羽を立ち殺生石に向かう途中で詠まれた句。

安政5年(1858年)4月21日、曙葎の一周忌に息子の營造が建立。

曙葎は号秋来庵、通称弥三郎。

安政4年(1857年)4月21日、没。

辞世   雲はれてこゝろしづみぬけしの花

右の芭蕉句碑


は飛出与可比や可下の蟾の聲

元禄2年(1689年)5月、『奥の細道』の旅の途中、尾花沢で詠まれた句。

文久元年(1861年)8月、澹然舎分賞の志念を継いで門弟が建立。

澹然舎分賞は水海道の俳人。

二世芭蕉堂成田蒼キュウの門人。
 ※キュウは虫+おつにょう

文久元年(1861年)5月15日、68歳で没。

辞世   異なりし風のかをるや法の船

左の芭蕉句碑


枯芝やまたかけろふの一二寸

出典は『泊船集』

貞亨5年(1688年)新春の句。

 『笈の小文』には「枯芝ややゝかげろふの一二寸」、俳諧一葉集』には「枯芝やまだ陽炎も一二寸」とある。

明治15年(1882年)2月、建立。

2008年茨 城〜に戻る