2019年兵 庫

道の駅うずしお〜碑巡り〜
indexにもどる

南あわじ市福良丙に「道の駅うずしお」がある。

昭和31年(1956年)3月、山口誓子は淡路島へ行って鳴門の渦潮を見た。

   鳴門行

湧きかへる春潮船と淡路の隙(ひま)

(いはほ)動かず渦潮の自在境

渦潮の底を思へば悲しさ滿つ

渦潮を兩國(ふたくに)の岬(さき)立ちて見る

『方位』

「道の駅うずしお」の入口手前の右側に山口誓子の句碑があった。


渦潮を両国(ふたくに)の岬(さき)立ちて見る

「道の駅うずしお」を見上げる。


 承応3年(1654年)、服部嵐雪は淡路国三原郡小榎並村(現:兵庫県南あわじ市榎列小榎列)に生まれる。

嵐雪の句碑があった。


真夜半や振替りたる天川

出典は『其便』

『炭俵』には「七夕や」とある。

大鳴門橋


伍代夏子「鳴門海峡」の歌碑


2019年兵 庫〜に戻る