2022年兵 庫

矢野勘治玉杯碑〜龍野公園動物園〜
indexにもどる

たつの市龍野町下霞城に龍野公園動物園がある。

龍野公園動物園に矢野勘治玉杯碑があった。


中央は頌徳碑。題字は吉田茂書。

昭和37年(1962年)5月、建立。

旧制第一高等学校
 西寮寮歌「春爛漫の花の色」
 東寮寮歌「嗚呼玉杯に花うけて」

 矢野勘治は、龍野町日山三木定七の次男に生れ、藩の儒者矢野家の養嗣子になった。

 第一高等学校2年の記念祭に「春爛漫」を、3年の時に「嗚呼玉胚」を作った。

 これは一高生のみならず戦前の学生の青春の歌となった。

 東京三菱の前身横浜正金銀行ロンドン支店長・大阪支店長・取締役を歴任。吉田茂は東大の同級生。

平成30年(2018年)、東京三菱銀行は三菱UFJ銀行に改称した。

左側が「嗚呼玉杯に花うけて」


嗚呼玉杯に花うけて 緑酒に月の影やどし
治安の夢に耽りたる 栄華の巷低く見て
向か岡に聳え立つ  五寮の健児意気高し
芙蓉の雪の精を採り 芳野の花の華を奪ひ
清き心の益良雄が  剣と筆とをとり持ちて
一たび起たば何事か 人生の偉業成さざらん

右側が「春爛漫の花の色」


春爛漫の花の色 紫匂う雲間より
紅深き朝日影 長閑けき光さし添へば
鳥は囀り蝶は舞ひ 散り来る花も光あり
秋玲瓏の夕紅葉 山の端近くかぎろへる
血潮の色の夕日影 岡の紅葉にうつろへば
錦榮えある心地して 入相の鐘暮れて行く

犬飼武・篤子夫妻の歌碑


   檣灯はなほともりつつあさあけの
船出
   うしほにのりて舟いでむとす 武

   早春の峠のみちはあかるくて
早春
   もろ木の芽ふく匂ひただよふ 篤子

 犬飼武は岡山県高梁の人。関西学院大学卒。旧制県立龍野高等女学校に教鞭をとる。「水甕」の選者。歌は、昭和28年の御題「船出」の選にあずかったもの。

 夫人の篤子も「あららぎ」の女流歌人。昭和31年の御題「早春」に与選したもの。

知らなかった。

童謡の小径へ。


2022年兵 庫〜に戻る