2021年兵 庫

墨染寺〜鬼貫の親子墓〜
indexにもどる

伊丹市中央に墨染寺という寺がある。

墨染寺楼門


「鬼貫碑アリ」とある。

薬師堂


華岳山墨染寺


曹洞宗の寺である。

鬼貫の親子墓


 鬼貫は、姓は上島。寛文元年(1661年)4月4日、伊丹で誕生した。別号は、犬居士・馬楽童・仏兄(さとえ)など多種多様であるが、生涯を通じて用いたのは鬼貫号である。

 はじめ和歌を学んだが、16歳のとき華やかな談林に心が移って、西山宗因に入門した。20歳からの4年間は沈思黙思の境に入り、ついに貞享2年(1685年)春に、「誠の外に俳諧なし」の開悟をとげた。そのときの句が有名な「おもしろさ急には見えぬすゝ哉」である。現在市中にはこの句の短冊・句切などが残っている他、随所に句碑が立てられており、芭蕉のさび・しおりに通じる「誠」の心を垣間見ることができる。

 元文3年(1738年)8月2日、78歳の生涯を終え、居所からそう遠くない天王寺の禅刹鳳林寺に葬られた。墨染寺あるこの墓は、もともと一子永太郎の墓で、伊丹の人々が鬼貫の毛髪か分骨をここに収め、親子墓としたものである。

伊丹市教育委員会

中央は鬼貫の句碑である。

秋ハ物の月夜烏はいつも鳴

鬼貫碑


昭和26年(1951年)9月23日、高浜虚子は鬼貫の墓に参る。

九月二十三日 鬼貫の墓に参る

 花筒をそよりと出たる秋蚊かな

 秋風の伊丹小町今通る

 酒蔵の秋の日影をなつかしみ


女郎塚


天正7年(1579年)12月13日、有岡城落城。

織田信長は城中の婦女を1所に集めて焚殺させた。その供養塔である。

2021年兵 庫〜に戻る