与謝蕪村

『夜半叟句集』

indexにもどる

安永5年(1776年)秋より天明年次に至る蕪村の第2句集。

浮瀬に履ならべけり春のくれ

二荒や紅葉の中の朱(あけ)の橋

与謝蕪村に戻る