一如庵遜阿

『東桜集 附録』



 天保11年(1840年)、俳僧一如庵遜阿は羽州の俳人を訪ねて各地を巡遊する。

 嘉永4年(1851年)頃、遜阿が板谷峠を越えて羽州に入り、象潟を経て大館までの紀行。「自他紀行」

 嘉永5年(1852年)10月、為誰庵由誓跋。

遜阿は本名祐空尊阿。奥州伊達郡桑折の大安寺住職。

東桜集附録 一名自他紀行
陸奥桑折里 釈遜阿編

出羽國 続紀曰、和銅五年分陸奥国置出羽国

往ぬる庚子の臘月末の日、絶頂より腰立ずなりしが、またこたびも足萎て宿老佐藤氏の厚慮にあづかり、力士(モリ)をやとひ横背に負れつゝ峠にかゝる、おりから雨いたく降出ければ

背おはるゝ吾も五月の涙かな

姥温泉浴中 在峠ノ西三里余、文治年中草創とかや

明のこる温泉樋のうへや夏の月

庚子初冬桧原峠 伊達あしな古戦場 の難嶮雪中をしのぎ、米澤の地に入し日は

旅にさへ嬉しき日あり冬の蠅

菩提山極楽寺林泉 蒲生家遺跡、古檀林名越派

朝風の水にそよぐや若楓
   フ山

石木戸薬師仏は、死病臨終の期を誓ひたまふとかや。まづ、笹野の霊場にのぼりて祖翁花の雲の碑 高サ八尺余、フ山社建之 を感閲す

花と降木の間や雪の大悲閣

紫の雲の中なるさくらかな
   フ山

二妙庵芭蕉忌 庵主姓高橋、又号梅窓、同年八月一具叟止杖之日、有二妙興立記

この道やもるゝかたなき初しぐれ
 亭主
 伊賀のむかしを忍ばるゝ冬
   フ山

蕉圃亭興行 城北三里許、西大塚村豪農姓高橋氏、松窓門之嚢錐、無門之維摩也

 亭主
秋もやゝ寝あまるころや窓の月
   古翠

落る熟柿の耳にさびしき
   一具

阿姑射(ママ) 在山形城東千歳山万松寺后山、姫者豊成卿息女中将之妹ト云々

   法名 珠竜光明法女 慶雲四二月十七日卒 辞世

消えし世の跡とふ松の末かけて名のみは千々の秋の月かげ

   又傍に実方碑有、藤中将姫も父を慕ひ此処に終る、墳は其記念となん

眉掃碑 在山形城北漆山半沢氏、桃皐二丘建之、近歳秋元侯陣営移此所、風月盛繁也

寒河江八幡宮 國主大江廣元公鎌倉より奉遷、四百余歳の古社也

露白う神さひけらし杉の奥

立石寺 羽中之勝景、世謂之山寺、七月七日大祭、夜念仏、獅子踊興行、開山慈覚大師之化教云

   碑云

   しづけさや岩にしみ入るせみの声   芭蕉翁

途中に一宿して 古口の水駅に便船を求む

笠とほす水無月照や舩の中
 武蔵
春なつの花吹入るやもがみ川
   等載

白糸の滝
 武蔵
誰が曝す布ぞ新樹の梢より
   抱儀

夏引の糸さらしたり竜田姫

しら糸の滝もしぶくや五月闇
   二丘

清川岸に船はつる頃 酒田陸程六里余松山城其在中路

羽黒宝前 古記曰、草創推古帝勅宣、寂光八大寺建立寄附、五重塔鶴岡城前主造立也

あなうれしあふ凉し手に掬ふ草

日の夏も木がくれけらし羽黒山

羽黒山 稲倉魂神本地観世音は、むかし能除大師 崇峻天皇第三皇子天童の告によりて当山に至り権身修行す、特に心経を信じ、能除一切苦の文常誦し、月山・湯殿山の三山五十四里を日夜飛揚苦行有し故に、人呼て能除仙と云、是を懸越しの九里といふ 此山に蹊(ミチツク)る時、烏これを導しゆへに羽黒山と名づくと云々

     すゞしさやほの三日月の羽黒山
三山碑 雲のみねいくつ崩れて月の山   芭蕉
      かたられぬ湯殿にぬらす袂かな

実に三山の高詠は今古を貫くの金言にして、誰か此上にやはあるべき、殊に山中の記、象潟にいたるの憤英雅□はさらに感動せられて、悲喜の袂を湿すのみ、さりとてや、むげに黄觜を等閑んも又ほゐなきわざなりけり

鼠ヶ関 越後・出羽界

酒田湊日和山 祇宗紀行に此湊の西浜を袖の浦とす、細道に此挙なし、其本拠なきにや

のどかさのあまりを寒し日和山
   等載

西上人は花の上漕ぐの詠をとゞめ、ばせを翁は西施がねぶの吟を残されたる絶勝も、今はひたすらの田畝となりて、見るかげだになきあはれさ、されば赤土蒼海の世のありさまはさる事ながら、ふりはへたる此行いと本意なき心地せられて

きさかたやその俤をいねの浪
   如風

大館浄応寺 随斎四山稿にも此桜希代の大樹と云々

その庭も見て来し顔の燕かな

手を合すばかりや院の老さくら
   雨隣

大館は津軽口の要路にして、奥羽の分彊碇が関の六里こなたに在。浄応寺林泉は封内の佳境といふ。ことに老職無等上人、齡は旬にあまり、健勤壮栄にして、書道点茶の虚名、懸月詩会茶莚の集ひを促すに、よりよりは玉駕をも狂せらるゝの沙汰聞え侍る。実にめでたき寿翁勝境にこそ

一如庵遜阿に戻る