浪化上人

ありそ海・となみ山』(浪化編)



[となみ山 浪化集下]

 往年落柿舎にて、夜ひそかに翁をむかへ、向対の盃ありて、門人のかためをなさせ給ふ御こゝろざしの、目出度覚えぬれば、予も一かたにおもひ侍るよしを約して、心かたむかぬ等(ともがら)をぬきんで、撰集の余力とし、こしのとなみに鴈陣をたて、同じく綰柳の麾(ふで)をふるつて下知する事を、しかいふのみ。

   となみ山の表

こがらしや沖より寒き山のきれ
   其角

 高きところに生るふゆ麦
   浪化

(くる)春の用意するらん木具提て
   嵐雪

 家は見事にたちそろひけり
   桃隣

山鼻にしる人持てはしりよる
   去来



初雪に真葛が原のめかけ哉
   晋子

彼岸にて彼岸桜のちりにけり
   彫棠

卯の花に芦毛の馬の夜明かな
   許六

暁を引板屋(ひたや)にかはる妻もがな
   秋色

   元禄猪頭雄進之日
其角

      去来丈 演説し給へ

   『砺波山』の撰集に我かたの連衆催されけれ
   

捨鐘の間を振出すくれの雪
   曲翠

 鷹とまらせにおろすたれごも
   浪化

松茸の数を袖より見せ合て
   正秀



鶯に朝日さす也竹閣子
   浪化

 礼者うすらぐ春の静さ
   去来



   ことし乙亥のむ月加賀の金沢に旅寝す。たま
   たま蕉翁の百ケ日に逢侍れば、句空北枝
   (ともがら)をまねき、終にこの日の作善(さぜん)
   をおこす。

   即 興

問残す歎のかずや梅のはな
   北枝

 春も氷にしづみつくいけ
   浪化

田を返す馬の鞍蓋こしらへて
   句空

 石つる方へとやのかたがる
   林紅

白水の二番取おく月の影
   牧童

 梧桐落るを秋の手はじめ
   筆



  追悼のほ句

   去年の神無月、翁の辞世し給ふ事も越路のは
   しばしにはやゝ日数へて聞えぬれば、義仲寺
   へ手向杯(など)おそなわ(は)り侍りて、晋子
   『終焉の記』にもゝらされし事人々あさ(し)まし
   とおもへれば、今こゝにかきとゞめぬ。

落着は難波のゆめや都鳥
   句空

かなしさや時雨に染る墓の文字
   浪化
  カゞ
冬籠うき次手なる別哉
   万子

風渡る枯葉に見るや雪の舎利
   秋之坊

白玉も涙の名なり冬つばき
   林紅

聞忌に籠る霜よのうらみ哉
   北枝



   蕉翁の落柿舎に偶居し給ひけるころ、たづね
   (ゐ)いりて、主客三句の情をむすび立かへり
   ぬるを。その後人々ま(ゐ)いりける序、終に一巻
   にみち侍るとて、去来がもとより送られけ
   る。

葉がくれをこけ出て瓜の暑さ哉
   去来

 野松に蝉のなき立る声
   浪化

歩荷持手振の人と咄しして
   芭蕉

 かごと御供の間(あは)ひとぎるゝ
   之道

半時(はんじ)ほど夜のかゝりたる月の入
   丈艸

 火のぱちぱちと燃てやゝ寒む
   支考

軒口は蔦這のぼるふしん前
   惟然

 兄弟どもが兄をあがむる
   野童

切立て畠見渡す丹波やま
   野明



   賀刀奈美山撰集

凩や釼を振ふ砺浪山
   去来

      元禄八乙亥歳暮春上澣
正竹書

浪化上人に戻る