小林一茶



『杖の竹』

長沼の門人松宇60歳の賀集として、一茶が代撰したもの。

 文化13年(1816年)7月10日、『杖の竹』清書。同年閏8月12日、『杖の竹』撰集終わる。

   十 晴 上丁ニ入 杖祝集為清書

『七番日記』(文化13年7月)

   [十]二 晴 撰集終

『七番日記』(文化13年閏8月)

文化13年夏の聞濤軒松宇自序の後、最初に一茶と松宇の連句がある。

隣から若竹来たりそよぎたり
   松宇

   山郭公(ほととぎす)大晴(おほばれ)の月
   一茶

 信濃を初め、「みちのおく」から「ながさき」まで各地の俳人の句が紹介されている。

柿の木の下は内義(儀)のきぬた哉
   春甫

蚤取て嬉しがりけり角力取
   松宇

見せ馬の蠅に痩たり秋の暮
   呂芳

柿の葉にあられならべるめのと哉
   掬斗

あら暑しあつし何して暮すべき
   完芳

晒し井や天窓くだしの俄雨
   素鏡

萩ちるや一杵車水のとぶ
   魚淵

   老婆洗衣画

彼の桃も流れ来よ来よ春霞
   一茶
  石ムラ
昼顔の庵やかならず金ぼとけ
   白斎

細けぶり我宿ならん帰る雁
   反古

黄鳥(うぐひす)やどこの初音の足ついで
   文路

人の親の珠数(数珠)も小銭も時雨けり
   武曰
  六川
水仙にうしろを見する住居かな
   知洞

葉ざくらにまめな連節通りけり
   春耕
  湯田中
うめ咲て雀の朝にしたりけり
   希杖

我庵や時雨の中を横月夜
   其翠
  アサノ
春風や夜着の袖から鳰の海
   文虎

初霜や豆腐のうまい草枕
   竜卜

十月や多くも見ゆる山の数
   雲帯

馬の子のうしろ暮けり秋の風
   梨翁

梅咲やいかなる花にせつかれて
   葛三

春の夜の足にからまる庵哉
   素檗

   独楽坊を訪ふに、錠のかゝりければ、三界無
   安と言ふ事を

蠅よけの草もつるして扨どこえ(へ)
   一茶

   むさし

故めくや焚ぬ塩屋も神の留守
   金令

   物むづかしきあたりなれど、さすがに松など
   立渡したる

小家みな我春々と思ふかな
   成美

秋の日や何を観じててゝつぽう
   完来

麦打や井戸のあちらの花葵
   寥松

庇洩る日に事たりて宿の春
   午心

しら露やじつとして居る山の雲
   一峨

秋風の吹込くらき箱根山
   焦雨

闇がりは蚤の浄土よあきの風
   対竹

小雀(こがら)なけ十日の菊のあい(ひ)しらひ
   碓令

蜻蛉や天上したる門の川
   車両

三芳野ゝ雁になれなれ月も秋
   永帰

菜飯にはよきうつろひや春の山
   国村

作り菊たゞの人にも見られけり
   菜英

見るうちに時雨て行や市の人
   久藏

寒月や棒のやうなる人が来る
   一瓢

   しもつふさ

素湯(さゆ)の香のかたじけなさや初時雨
   素迪

はつ霜や鳩の嘴する敷むしろ
   至長

淋しさに炉の炭つぎてまぎれけり
   李峰

てふ飛や十を頭のいせ参り
   一白

我と雁けふも夕を帰るなり
   月船

岩角に鹿のあを(ふ)むくしぐれ哉
   斗囿

菊咲や田舎歌舞伎が宿につく
   雨塘

とべ螢頼む木影もある物を
   鶴老

   かみつふさ

白露や門の小橋に名のほしき
   白老

出代りのうしろ姿や馬も嘶く
   砂明

暁やまたあらためて遠きぬた
   雨十

   あ は

むら落葉汐みち来れば又ひけば
   杉長

   かうづけ

鰐口に楓はさむやあを嵐
   鷺白

   みちのおく

明松(松明)の山え(へ)わかれてなくかはづ
   雨考

   光堂

露の身に明りさしけり堂の隅
   乙二

乾鮭を本尊にして冬籠
   冥々

(ひま)に成し人のおほさや梅の花
   曰人

太刀持と女ものいふ若葉かな
   素郷

杵うたに雪を諷(うた)ふや丘の家
   平角
  松マヒ
人声や稲の香よりぞ吹おくる
   布席

   いでは

あたらしき風が吹なり天の川
   野松

戸の口へ下(さが)りて来るや夕雲雀
   仙風

   さがみ

起されてふいと出たれば芥子の花
   雉啄

   をはり

目ふさげば耳にこたへる須磨の秋
   岳輅

   か ひ

おし出してやりたき山や夏の月
   可都里

藁やねのふたつ春めく岡辺哉
   漫々

   ゑちご

寒しとは世に有人の言葉かな
   幽嘯

   せふつ

雁も来てきげんとるなり山の月
   三津人

庵の柴雪の覚悟はなかりけり
   奇淵

   かふち

旅人の拝む仏が霞けり
   耒耜

最後に一茶と松宇の句が並べて収録されている。

   国家安全


松かげに寝てくふ六十餘州かな
   一茶

   五穀成就


万代(よろづよ)や蝶が出たれば草も出る
   松宇

一茶の句は文化9年2月に守谷の西林寺で詠まれたもの。

西林寺


賀治世

松陰に寝てくふ六十よ(余)州哉
   一茶

   鶴と遊ん亀とあそばん
   鶴老


小林一茶に戻る