露柱庵春鴻

indexにもどる

『露柱庵春鴻句集』

   春 之 部

   こゝろしれる友かきか赤魚(肴)おくりたるに

春早くわれにおひそ(大磯)の便かな

紅梅や雨吹かけし上草履

おりくちや盛り過たるやま櫻

人心おなし櫻にふかく入

風の柳人はこゝろに遣はるゝ

行春のとりしまりなき干潟哉

   夏 之 部

(かひの国わたらひして此佛眼禅刹にあそふ)

甲斐か根や櫻さかりの佛生會

   望娥湖

浪すゝし千尺のこほりおもふにそ

いつの事かとよ仙鳥うし身まかるよしそこの友かきの音信たるに

扨はとてそなたへ向けは柳散る

虎杖うしに供して雉啄か信中に行をおくる

老人をいたはれ入梅の碓氷越

   秋 之 部

   出羽の国わたらひせし頃

雁啼や波ふく浦の日のかへし

武藏野や菊を心の日やり旅

秋風や髄に入りたる草のむし

鹿島にまふつる頃かまかやか原にさしかゝりけるに日は既に落なんと心いといそかれつも老のつかれをいはんとて

むし啼や杖をとむれは腰ふるふ

   鹿嶋奉納

神杉や身に冥加なる秋の声

薄紅葉旅さする子は持ぬなり

   下總の國にわたらひして

旅衣香とりにぬるゝ月の露

水上も水下もすめり秋の水

   菊月十三日上田天照山大輪寺興行

おしむ夜や月の名殘の貝多羅樹

   冬 之 部

   松 し ま

松に霜松島に日のうかみけり

浅茅生に降静まりし霰かな

臘八やけさ山口のうめのはな

師走菜をつみあらされし庵哉

玉すりか命なかかれ春ちかみ

露柱庵春鴻に戻る