倉田葛三



『春秋稿』(第七篇)

 寛政9年(1797年)9月10日、倉田葛三は鮫洲の海晏寺で白雄七回忌。

同年、『春秋稿』(第七篇)刊。葛三編。

『春秋稿』(第七篇) 天

 寛政九年丁巳秋九月十日於鮫洲海晏寺
 吊白雄居士休広忌俳諧

花紅葉江戸に鹿啼やまもかな

さやけき影の多き有明
葛三

秋いそく酒屋か車水せきて
春鴻



野のかきりとく梅咲て月夜也
   相中 叙来

此宿は梅をあるしの匂ひかな
   信中 伯先

ものたらぬ梅の青枝咲にけり
鉄船

万歳の笑ひを残す簾かな
   上毛 里恭

梅柳きのふの枝はなかりけり
   尾陽 士朗

青柳にはま風の程しられたり
    鳥奴

此ころや蛙につきし夜の寂喬駟

菜の花のかれ葉を見たる夕かな
   北総 眉尺

かけらふの影たちわたる垣根かな
   信中 女 鳳秋

野にをりて雨にぬれけり春の鹿
   信中 雲帯

人なきは人の科なりやまの花
   武州 双烏

旅なれや日のひと時も花に鳥
五渡

暁に啼や烏も華の鳥
何鳥

花鳥の春見送るや大井川
   亡人 蝶夢

目にもちてまとろむ花の木蔭哉
   出羽 五明

花まれに三日月とをす林かな
三圭

老か旅よしのゝさくら散けりな
   亡人 百明

ともし火に雨降ことく桜ちる
角浪

是非なくも人しつまりて夕桜
星布

雲水の願ひ事せん月ひと夜
   信上田 井々

桜遠く夢のこゝろよ昼の月
   亡人 楚明

いたつらに鐘きく庵や春のくれ
宗讃

春の雁たちさはきては日をおくる
   亡人 青蘿

はまくりをつめは崩るゝ気色哉
   南部 素卿
 (ママ)
『春秋稿』(第七篇) 塊

すむかひや蚊のなき里の杜鵑
   加賀 鹿古

白きものみな卯の花そ陽雀
   伊勢 滄波

蔵のあとはゝきゝの茂ふかきかな
   武州 志考

かくされぬ身をもて遠く飛螢
   尾陽 羅城

蚊やりくさ紀の船のりかもて来たり
   信中 柳荘

さひしさや涼しやさても角田川
麦二

をくるまの日影をしのふ野口哉
   上毛 鷺白

今朝秋よはゝきゝの雫ふるはゝや
   亡人 西奴

たなはたの草やあかるきものはかり
   信中 素檗

あさかほの花に無理いふあるし哉
   武州 凉化

虫啼や海の際迄露の玉
   江戸 成美

藪ははや夕寒見する萩の庭
みち彦

盂蘭盆や露の及はぬものもなし
   相中 馬門

草の名はもとしらしとも花の咲
   武州 轍之

一尺の蔦だにものをよるへかな
碩布

秋の蚊のとをし馴たる衣かな
   北総 雨塘

月のさす方に色あり秋のあめ
臥央

水汲に山伏出たり秋のくれ
   南部 平角

秋の日の草根にさして過に鳬
    如毛

趣の心にいりぬあきのやま
   亡人 柴居

名月のをしくもてらすみやま哉
   甲州 可都里

姨捨やあたにかなしき夜半の月
   亡人 樗良

大かたの人はともなり秋の月
   尾陽 岳輅

山陰や水のむ鹿に魚の啼
   亡人 岱路

野きく迄白きは何の癖もなし
   甲州 作良

寒蝉や煙のとゝく軒の松
   信中 龍卜

よしの山あらまし雪になりにけり
   亡人 雨石

はつ時雨加茂はうれしきところかな
重厚

不破迄は同ししくれの夕かな
   信中 蕉雨

加茂川をはなるゝ今朝の乳鳥哉
   加賀 斗入

しくるゝや竈にせふる唐からし
宣頂

八重霜に小灯くらき戸口かな
帰童

冬の夜やはなしの先の火の明り
    長翠

なからへぬ心か鷹のぬくめ鳥
鸞岡

しはしとて袴おしぬくこたつ哉
巣兆

夜の程たんほに心つかはるゝ
馬門

住よしや人わすれ艸ひとにあふ
   京 闌更

夜嵐に今朝はきひしき冬の山
   信中 自徳

師走菜をつみあらしたる菴哉
春鴻

蓬莱や世には奢のつきやすき
    文玉
倉田葛三に戻る