倉田葛三



『春秋稿』(編次外)

寛政8年(1796年)9月16日、『春秋稿』(編次外)跋。

巻末に「時に寛政八年菊月既望」とある。

 春秋稿(編次外)

   門まつ

門松も根さゝんほとに雨の降
下総曽我野少年
 眉尺

門を出て見あるく館の松かさり
   江都
 帰童

おさかりになを寝よけなる二日哉
   
 闌更

わかなの夜雪の雫に雨をそふ
  下野出流原
 其風

むく起や梅見て慾は思はさる
   信中 上田
 雲帯

たちよらは影やかゝらん梅の花
   甲州 藤岡
可都里

梅多くふくみはしめし林かな
   信中 伊奈
 伯先

うす月や客送りせし門の梅
   〃 松しろ
 三圭

   うくひす

黄鳥のけふは人よりはやき哉
   武 八幡山
 凉化

鶯の声に潮ふむ磯回かな
   上毛 草津
 鷺白

ゆふ雲雀思ふ処へ落ぬなり
   相中 曽我
 馬門

春かせや巾かなくりて磯つたひ
   八王子
 喚之

子の数に傘かさんはるのあめ
   武 毛呂
 碩布

芹生にてせり田持ちたし春の雨
   江都
 巣兆

   春の水

野の日和心こすへき春の水
  上毛大久保
 里恭

里人にせかるゝ春の野水かな
   相中 田島
 蛙声

水に影匂へるはるの朝日かな
  信中戸倉女
 鳳秋

   春の草

女郎花桔梗も春の草なるか
   出羽 秋田
 渭虹

早わらひや露うるはしの朝みとり
   信中 戸倉
 簾雨

   陽炎 糸ゆふ

かけろふにゆれるよしあるみをつくし
   南部
 英里

陽炎や窓に日のさす雪の富士
   
 遅月

   かすみ

春もはや山風とけてうす霞
   播磨
 玉屑

啼や蛙竹の中道雨くらく
   信中戸倉
 丈馬

   蝶

粟の粒蝶に追はれて消にけり
   出羽秋田
 野松

蝶鳥に紛るゝ旅のつかれ哉
   信中諏方
 自徳

   花   桜

花の香や額にかゝる雲のかけ
 井々

花の戸に塵落し行雀かな
   信軽井沢
 何鳥

年よれは寝られぬものか夜の花
 馬門

地に落る花皆人にさはる也
   武 吹上
 喬駟

川船や茶箱枕に桜ひと
   江州
 重厚

人のおしむ日は桜よりこほれけり
   加賀
 斗入

苗わけの菊にかひある月夜哉
  下総曽我野
 雨塘

蜆磨船のかたぎや人ひとり
 春鴻

白魚やふたゝひくめば水の泡
   南部
 平角

山吹の雨や小桶のひやし籾
  下野出流原
 左丈

   出かはり

出代や便船たのむ人の親
   相中 大山
 宣頂

出代やひそかに煙る大囲炉裏
   信中 戸倉
 虎杖

出代やもとの情に立かへる
   越 十日町
 桃路

   鹿の落し角

追はれ来て鹿角落す林かな
   武 八幡山
 志考

とくよりも盛なりしや藤の花
 葛三

雪の声山辺に春の尽ぬへき
   信中 上田
 如毛

   灌 仏

灌仏にわか葉見て来し眼のうつり
   信 善光寺
 柳荘

   わか葉

てらてらとわか葉のなつむ入日哉
   浪花
 二柳

かきつはた咲て近江の月夜かな
   
 丈佐

   けし  撫子

白けしやへたゝぬ草に油むし
   仙台
 鉄船

夜あらしやかはるかはるにけしの花
   尾陽
 羅城

   牡丹  あちさゐ

宵闇やほたされ牡丹ちる
   〃 伊那部
 鸞岡

いそかしや椎にかたふく夏の月
   〃 二柳
 武曰

   螢  夏のむし

来ぬはすよ歯のなき口に呼螢
   出羽
 五明

眼鏡にも飛つく夜あり夏の虫
   信中
 麦二

をりかはる鳰みかくれのうき巣哉
   信中戸倉
 可明

   鵜

おのか世と船に飯くふ鵜飼かな
   奥 本宮
 冥々

   京にありし頃

水鳥の龍安寺かや水鶏啼
   加賀 金沢
 鹿古

蝙蝠や夕虹消て滝白し
  上毛八木沼
 一魚

漣のうき草時になりにけり
   南部
 一草

   蓮

香を聞て深くも莟め月の蓮
   武 妻沼
 五渡

   新茶   扇

音もなし新茶に酔し夜の雨
   武 本庄
 双烏

   夕立  雲の峯

ゆふたちのはや月になる木草哉
 馬門

捨鶏や歌よむ僧か夏ころも
   信中ミのは
 里朝

 春秋稿(編次外)

   たなばた

梶の葉や三粒降ても星の雨
 長翠

露ちるや朝のこゝろの紛れ行
   奥 白石
 乙二

草の露雨降中を置にけり
   江都
 成美

   月

万代や山のうへよりけふの月
   尾陽
 士朗

酒のみは酒に年よれ松のつき
   武 榎戸
 文玉

鴫たちてしはし程なる月夜哉
   江都
 春蟻

   鹿  木つゝき

たつ鹿の尾崎の松に日の昇る
   
 宗讃

月に啼鹿は日頃のおもひかな
   尾陽
 岳輅

秋かせや髄に入りたる草の虫
 春鴻

目をあけは見ゆるものなし虫の声
   南部
 素郷

   菊

きくましや菊咲よりのうき世事
みち彦

あたら菊をつますは花に笑れん
 巣兆

旅の身も夜長になりぬ草の露
   上毛 蓮沼
 似鳩

吹つけの雨や案山子のくれ果る
   武 妻沼
 角浪

草山や嵐もたゝすくれのあき
  相中伊勢原
 叙来

   姨すて山にて

此の山や烏もなかす秋の行
   信中 諏訪
 素蘗

冬の日の落る硯のおもてかな
   尾陽
 臥央

鴛鴦よ一夜わかれて恋をしれ
   浪花
大江丸

庵のうへいよいよ雪のつのる也
   信中上田
 三机

   達磨忌 鉢たゝき 寒の雨

だるまきや空おさまれる山の閑
 轍之

古暦入日をまねくおもひあり
 宣頂

玉すりよ命なかゝれはるちかみ
 春鴻

倉田葛三に戻る