桜井蕉雨


蕉雨の句

夕月やさくらが上の雲兀(はげ)


初穐や處々に枝のとり


不破迄は同ししくれの夕かな


   行 黒

暮るほと松ハこミたり不如帰


   病中

寝処に半分見える柳哉


淋しさは人にこそあれなく蛙


蓬莱の門から見ゆる山家かな


五月雨の吹起してや荻の声

嗚鹿にあふた夜もありちる紅葉


満月の片すみにある伏家哉

『文化句帖』(文化3年正月)

今の間に冴かへりけりをみなへし


秋の来てひといきつきぬ艸の庵


はツ桜見しや草鞋をはかぬうち


杭うてハ野から畑からかえる雁


歯のぬけたやうに花さく老木かな


しつかさにほのかや月のすみた河


灌仏をこしらえ(へ)てくる乞食哉


声癖の鶯はなつくもりかな


あき風の吹込みくらき箱根山


ちゝはゝよ後生たのまば後の月


月雪やいつもの宿はけしの花


山ざとは罪なき月の見やう哉


桃尻に鴎もなるか帰雁


三日月も御慶也けり墨田河


山里は罪なき月の見やうかな


蛤と成りてもお(を)どれ鳴雀


白芥子や草の戸までは夜の雨


松陰やなくて七癖さつき雨


秋風の吹込くらき箱根山


人に付て鹿のくゝりし茅の輪かな


   相馬旧都

蚊の声や将門どのゝかくし水


独事しては今年も花を友


かはせみの芦にちよいとや角田川


梅が香の篭(こもつ)た家や八皿酒


若艸の道の横手に不尽の山


鳥は皆池へ取りけり冬木立


さひしさは人にこそよれなく蛙


大津絵を馬から覗く小春哉


鴨川の冷の通すや小石壁


春雨の中を通ふや別座敷


梅いそけ硯ももとはさされ石


くたびれるものよ芥子もつ道すがら


草臥るものやけし持道すがら


麥まくや池の家鴨のかへる迄


うくいすや竹に二朝梅に今朝


鶯の妻やら青し薮の鳥


翡翠(かわせみ)の芦にちよいとやすみだ川


時鳥亀に慈悲する人の上


花咲し手際忘れずふく若葉


白玉や雨の中なる梅の花


桜井蕉雨に戻る