湖白庵諸九

『諸九尼句集』

indexにもどる

天明6年(1786年)1月、『諸九尼句集』刊。

諸九尼句集   上

   春 之 部

梅かゝは睡りを誘ふはしめかな

みちのくにおもむく時、都の人々に名残をおしみて

山吹や余波は口にいはねとも

春雨や花咲ぬ身は寐てくらす

   夏 之 部

あるしなる人、五月十七日たそかれ過るころ、座を組て辞世の一句を残し、ねふれるかことく終をとられけるに、夢うつゝともなくふししつみて

暮六つは其暁歟ほとゝきす

鴫たつ沢の庵をおとつれけるに留守なりけれは

鴫の聲なくて恨や麦の秋

床の山にてはせを翁のことの葉をおもひ出て

かんこ鳥の聲も寐ほれて床の山

卯の花に傾く軒や不破の関

柴屋寺宗長法師の庵の跡をたつね侍りて

閼伽棚に春やむかしの夏花摘む

深川芭蕉堂再興の比、百韻の巻頭をすゝめられて

葺かへて今やむかしの菖蒲草

   蓼太のぬしの催にて角田川に舟逍遥す
   かの梅若丸の塚をとひて

幟たつ比木母寺の猶あはれ

   武隈の松にて

風薫るまつやいつれを想夫恋

   鎌倉にて

白浪のうねうね黒し初かつを

   熱田宮法楽

垢離とりてけふは涼しくなるみ哉

   大井川越る日は、川越なといへるものにた
   すけられて旅の愁におそろしさをさ
   へとりそへ侍りて

凉しさのあつさにかはる淵瀬かな

   今の落柿舎のぬしとゝに、つくしへまか
   りける時、安藝のいつきしまにて

千畳に一畳凉し肱まくら

諸九尼句集   下

   秋 之 部

送り火やとゝくにしても水の泡

   うかれ女の情をおもふ

朝皃やいなせた跡の夢に咲

   清水なかるゝ柳を尋て

落し水に誘はれて散る柳かな

   行脚の頃

宮城野や行暮すとも萩かもと

明る夜やまたなかゝれと鳴いとゝ

   姫こせのあつまりたるに、うちましりて

月今宵おにこもるへきおくもなし

   櫛けつることのむつかしけれは、さまをか
   え侍りける時

剃捨て見れは芥や秋の霜

   冬 之 部

おもひ羽やほしては鴛鴦の又ぬらし

夢の間につい皺のよるふすま哉

ひそやかに鼻うちかみて御佛名

誠らしき梢も見えて小春哉

諸九尼續發句集

   参河の八橋

畦道を蜘手にきつゝかきつはた

   みちのくの信夫摺の石のもとにて

汗なからしのふすらはや旅ころも

いつとなくほつれし笠や秋の風

   松 島

嶋々や松の外にはわたり鳥

諸九尼續發句拾遺

世を捨てて見る分別や山桜

湖白庵諸九に戻る