俳 人

白兎園宗瑞
indexにもどる

 江戸の人、中川氏、通称三郎兵衛。初号風葉。幕府御用達の両替屋。杉山杉風門の俳人。

 享保16年(1731年)、長谷川馬光佐久間長水らと俳諧撰集『五色墨』刊。中興俳諧の先駆的役割を果たした。

 元文2年(1737年)5月、佐久間柳居は箱根に湯治。宗瑞は句を送っている。

   湯の山のけしきいかゞなつかしとて、
     武陵より此のおとずれあり。

こちらでも浴衣に帯の暑かな
   宗瑞


 元文4年(1739年)9月、白兎園宗瑞は秩父に行く途中で武藏国塚越(現蕨市)の俳人梅富を訪れ白井鳥酔と同宿、鴻巣宿に立ち寄り横田柳几を訪れた。

   翌日鴻の巣柳緑の宅をたつねて即興

かはらぬを先見かけたり塀の松
   宗瑞

   山雀こから跡にはつ雁
   柳緑


 元文5年(1740年)夏、宗瑞は再び鴻巣宿を訪れている。

 寛保元年(1741年)4月、宗瑞は従兄岑水を誘って日光に参拝の後、常総を巡歴。『旅の日数』

延享元年(1744年)7月30日、60歳で没。

   白兎園宗瑞身まかりし時

この晦日月の兎も見かくしぬ


宗瑞亦武にゆくごとには雅をむつびて、こゝろよき老人(トシヨリ)なりけるが、秋のころ身まかりぬ。

「紀行越の雪間」(建部凉袋

門下に広岡宗瑞がいる。

 明和元年(1764年)9月、一世宗瑞の二十回忌追善集として『白兎余稿(二世宗瑞編)上梓。

 明和9年(1772年)、『広茗荷集』(野桂編)によれば、雑司ヶ谷の本浄寺に「名月塚」を建立したようであるが、今はない。

宗瑞の句も刻まれていた。

名月や百日紅を照かへ

 安永7年(1778年)、雪才は伊香保温泉神社に芭蕉の句碑を建立。

芭蕉の句碑


碑の裏に宗瑞の句も刻まれている。

てれはふし張りふとるゝやしくれ傘

 千葉県芝山町の芝山仁王尊にある「杉家歴代」の句碑に宗瑞の句が刻まれている。



人知らぬ杉ももみじも年の坂

宗瑞の句

   風葉


   葛鼠法師いかほの入湯を送りて

脱捨のゆかたにも見る牡丹かな

   是も病後の吟のよしにて

ほとゝぎす我も寝床の山を出る


名月や百日紅を照返し


跡からはかけろふ燃る時雨かな


糸三すしあやしの鳥の山さくら


日の春をさすがに鶴のあゆみ哉


俳 人に戻る