俳 人

道山壮山

通称三次郎。幼名荘吉。山辺清民の門人。道山草太郎の祖父。

 明治26年(1893年)7月21日、正岡子規は須賀川に道山壮山氏を訪れている。

 須賀川に道山壮山氏を訪ふ此地の名望家なり。須賀川は旧白川領にして古来此地より出でたる俳人は可伸等躬雨考たよ女なり。


 明治26年(1893年)10月17日、長田村(猪苗代町)の山内忠孝ら8人が催主となり芭蕉二百年の祭典を施行して芭蕉の句碑を建立。



ほとゝきす聲やよこたふ水の上

明治28年(1895年)、『子規塚集』刊。若松の護六選。

道山荘山も句を寄せている。

時鳥啼くやしたしきおきな島

 明治29年(1896年)、京都二条家から「栗の本」の称号を与えられた。

須賀川の「向山荘」に道山壮山の句碑がある。



隠居して植ても久しうめの花   六十五老 荘山

明治33年(1900年)12月21日、68歳で没。

明治36年(1903年)4月、道山壮山の句碑を建立。



海棠の眠りをさます桜かな   栗乃本壮山

 明治39年(1906年)10月16日、河東碧梧桐は道山壮山の家を訪れている。

 道山壮山というのは近頃残した宗匠であった。明治二十六年子規子のこの地に立寄ったのは、この壮山の家であった。壮山とは対談もあったらしい。これを訪うて、その庭を一見しその座敷にしばらく坐った。


神炊館神社に道山草太郎の句碑がある。

壮山の句

寒うてもむくうても野ハ梅の花


俳 人に戻る