服部土芳

『蕉翁句集草稿』


土芳は服部半座衛門保英。伊賀藩藤堂家の武士。

ばせを野分盥に雨を聴夜哉

此句初は、ばせを野分してと有。後直る。天和三年冬深川庵急火に(かこ)まれ、潮にひたり、命あやうしと也。その次のとし夏半、甲斐が根にくらして、富士の雪のミつれなければと、それより昔の跡に立帰、焼原の旧草に庵を結び、一株(※「株」=「木」+「無」)芭蕉を植へて雨中の吟、盥に雨を聞夜哉と有。是よりをのづからばせを翁と云也。

あさむつや月見の旅の明はなれ

此句白船集ニ前書有。若、翁か。左に記す。

浅水のはしを渡る。時俗あさうづといふ。清少納言の橋はとあり(ママ)一条、あさむつのとかける處なり。

明ぼのや廿七夜も三日の月

此句、常陸へまかりける船中にしてと有。五文字明ぼのやと有。

○武蔵野古菴近き長溪寺の禅師ハ亡師年比の懇也。杉風かの寺に一塚を築て、更に宗祇のやどり哉とかゝれたる一帋を壺中に治メ、此塚のあるじとなせり。霜がれのばせを植し発句塚、と杉風句あり。堂の南ノ方ニ塚アリ。発句塚ト云。

鶯を魂にねふるか矯柳

此句虚栗に、鶯の、と有。違也。

世にふるも更に宗祇のやどり哉

此句笈日記ニ、世の中と有。白船ニ時雨哉と有。いづれも違也。

木がらしの身は竹斎に似たる哉

此句冬の日と云集、前書有。狂句凩と有。はじめは冬の日のごとし。後直り侍る。

萩原や一夜はやどせ山の犬

白船に云、狼も一夜はやどせ萩が本」とも聞ゆ。笈日記ニハ、芦の本(ママ)と有。

花に遊ふ虻なくらひそ友すゞめ

此句笈日記ニ、花を吸と有。違也。直聞、はじめは、虻なつかミそ也。後直るか。

樫の木の花にかまハぬ姿かな

此句阿ら野集ニ、橿の木と有。違也。

何事の見たてにも似ず三日の月

此句笈日記に、大曽祢成就院の帰さにと有。上の五、ある(ママ)と有見たてとあり。白船にハありとあるたとへにも似ず有。爰に云るハ阿羅野の句也。実(ママ)をしらず。

いざさらば雪見にころぶ所迄

此句阿ら野に、いざゆかんと有。違也。

面白うてやがて悲しき鵜飼哉

此直に聞句也。阿羅野ハ鵜舟哉と有。初禅(ママ)ニハ面白うやがてと有。

ひよろひよろとなほ露けしや女郎花

此句みのゝくにより更科の月に旅立侍る時也。笈日記にハこけて露けしと有。違也。

かれ枝に烏のとまりけり秋のくれ

此句白船集ニ、秋のくれとハと前書有。

十六夜もまだ更科の郡哉

越人とおば捨月見の時也。

星崎や(の)やミを見よとや啼千鳥

笈日記に、鳴海(に)渡りと有。続虚栗の句也。白船ワキ書ニ、星崎や闇を見よとてとも聞ゆと有。

雲雀より空に休ふ峠かな

此細峠にての句也。阿羅野ニ、上に休ふと有。違也。

送られつ送りつはては木曽の秋

笈日記に、みのゝくにより旅立更科の月見の時、留別、の題有。

寒けれどふたり旅ねぞたのもしき

笈日記、旅ねはと有。

○さればこそあれ度侭の霜の宿

笈日記に、杜国逢と題有。逢たき侭と有。違也。

ふる里や臍の緒に泣くとし(の)くれ

此句、臍の緒泣むとも有。

木の本は汁も鱠もさくら哉

此句花摘に、(木の)本に汁もと有。違也。

何に此師走の市を行烏

此句白船ニ、何を此と有。違也。

大津絵の筆のはじめは何佛

此句勧進帳にハ、三日口を閉て題正月四日、小文庫にハ、鳰の海(辺)に年を越て三日嘴を氷すと有。句もはじめやと有。勧進帳、此句に書翰写あり。

金平が分別のごとくことしハ休に致候而歳旦おもひもよらず候へバ、如此ニ御座候。
はせを
   正月五日
      曲水様

梅若な鞠子のしゆくのとろゝ汁

此句にて江戸連中巻有。葛松原ニ入。上方連中巻有。猿ミのニ入。

五月雨や色帋へぎたる壁の跡

此句落柿舎ニ遊るる時の□也。自筆ニ有。笈日記ニ、(色)帋まくれし(と有)。違也。

葛の葉の表也けり今朝の霜

是雑談の句也。白船ニハおもて見せけりと有。いづれか。

うき我を寂しがらせよかんこ鳥

此句自筆物ニ、或寺に独居而云し句也と有。

頓而死ぬ氣しきは見えず蝉の声

此句猿ミのゝ句也。白船にハけし(き)もと有。自筆の物に無常迅速と(前)書有。けしきはとあり。

      大和行脚の時

草臥て宿かる比や藤の花

猿簔の句也。ある所之書翰ニ、其道より聞侍るハ、丹波市やぎと(云)處、耳なし山の東に泊る。郭公宿かる比やのふぢの花と也。後直り侍る。

此心推せよ花に五器一具

此句自筆物に文有。支考東行餞別

人も見ぬ春や(ママ)

      みのゝ國にて

またたぐひ長良の川のあゆ鱠

己光の句也。笈日記ニハ、又やたぐひと有。

都出てゝ神も旅ねの日数かな

此句自筆物に、九月末粟津を出て霜月初武府に至ると有。

菊の花咲や石屋の石の間

此句自筆物ニ、八町堀に行くとてと有。

六月や峯に雲置あらし山

此句、限りのとし、なごや□□伊賀□、それよりぜゞ大津に移り、六月の比はさがにありての吟也。又文月比いがに出られて後、難波也。

笈日記に、嵐山と題有。

朝露によこれて涼し瓜の土

此句、続猿笈日記にハ瓜の泥と有。さが去来別墅にての句也。

川上と此川しもや月の友

続猿の句也。白船にハ、川(上)と此川下とゝ有。違也。

鷄頭や雁の来る時猶あかし

同集の句也。白船に画賛と有。

灌仏や皺手合る珠数の音

此自筆に出る句也。続猿ニ、ねはん會やと有。後直るか。

鮎の子の白魚送る別かな

此句松嶋旅立の比、送りける人に云出侍れども、位あしく、仕かへ侍ると、直に聞えし句也。

元禄三年の冬粟津の草庵を(よ)り武江に趣くとて、嶋田の駅塚本が家に至りて

宿かりて名をなのらする時雨哉

此句前書続猿に出る。元禄三年冬ハ大津にとしくれて、乙州が新宅に、人に家をかハせて我はとし忘れと云句をして、奥に元禄三年冬末と自筆に書て卓袋に給ふを所持す。猶四年未の歳旦、大津絵の句有。続猿草稿の書あやまりか。(四年)未の冬と覚え侍るなり。

五月十一日武府を出て古郷に趣。川崎迄人々送けるに

麦の穂を便につかむ別れかな

此自筆の趣也。浪化集には、人々川崎迄送りて餞別の句を云返し、と有。

大井川水出て嶋田塚本氏の(も)とにとゞまりて

五月雨の空吹おとせ大井川

浪化集の句也。笈日記ニ、雲吹落せと有。

菊に出而ならと難波は宵月夜

此句、元禄七年九月九日ならより難波にわたる。生玉の辺より日をくらして、と笈日記に書り。

升買て分別替る月見哉

此句九月十三日住よしの市に詣ての吟也。次の夜畦止亭にて、住吉の市に立てといへる前書あり、と笈日記に書り。

人声や此道かへる秋のくれ

此道や行人なしに秋の暮

此二句の内いづれをかと人にもいはせて後、此道やと云に所思と云題をつけて、此方に究る、と笈日記に書り。

松風や軒をめぐりて秋暮ぬ

此句笈日記に、清水の(寺)の茶店に遊吟してあるじの男の深く望けれと書り。白船に松風の、と有。前書、大坂清水茶店四郎左衛門にて、と有。

雲竹自画像

こちらむけわれもさびしき秋(の)くれ

此句自筆の物ニ前書添て有。笈日記に幻住庵にての吟とあり。

郭公大竹藪を漏る月夜

此自筆の句也。小文庫に、漏月ぞと有。

○瀧(清)滝の水(扱)よせてところてん

此句白船に書るは、浪にちりなしの遺言の時、此句野明に引さき捨させよとありしと也。仍而引句。扱(ママ)よせてハ笈日記の違也。水くませてやの筈と白船に書り。

小倉山常寂寺にて

松杉をほめてや風のかほる音

此自筆の物の句・前書也。笈日記にハ小倉の山院と書り。

西東あはれさ同じ秋の風

此句ハ去来・千子が伊セ詣の比、道の記書て深川に送る。その奥書(ニ)褒美して書送られし、と笈日記ニ有。

草の戸や日暮てくれし菊の酒

此句は木曽塚の旧草に乙州が一樽をたづさへ来る九月九日の句也、と笈日記に云り。

渺々と尻並たる田うへ哉

笈日記に有。白船に、是ハ伊丹の句(ニ)而翁の作に非と書り。仍(而)引句。

あけぼのや白魚しろき事一寸

紀行に出る句也。笈日記には、濱の地蔵に詣してと前書有て、雪薄しと有。後、明ぼのに成る。

狼も一夜はやどせ萩の犬

白船の句也。笈日記にハ、狼も一夜ハやどせ芦の花と有。白船ニハ、狼も一夜ハやどせ萩がもとゝも聞ゆ、と書り。

   額

五月雨の雨風しきりにおちて大井川水出侍りけるにとゞめられて、しまだに逗留す。如舟・如竹など云人の本にあそびて

ちさはまだ青葉ながらに茄子汁

此句・前書、笈日記の趣也。自筆物に、しまだ塚本氏のもとにてと前書有。笈日記の趣も古翁の前書と覚らる。

其匂ひ桃より白し水仙花

此句、三河何某白雪といふおの子、風雅の子ふたり持侍る。其子の才をよミして、是を桃先・桃後と名付けられし時ト也。

當皈(とうき)よりあはれハ塚のすミれ草

此句自筆に、出羽の圖司呂丸を悼、と前書有。

梅白し昨日や鶴を盗まれし

紀行に出る句也。秋風が別墅の吟にして、風がワキ有。杉葉に身摺牛二ツ三ツ

清滝や波にちり込青松葉

此句ハ遺言の直り句也。大井川浪にちりなし夏の月と云句、その女が白菊の塵にまぎらハしとて改る也。

画 讃

ところどころ見めぐりて洛に暫く旅ねせしほど、ミのゝ國よりたびたび消息有て、桑門己百のぬしミちしるべせむとてとふらひ来侍りて

しるべして見せばやミのゝ田植哥
   己百

 笠あらためむ不破のさミだれ
   はせを

其草庵に日比ありて

やとりせむあかさの枝(ママ)に成る日迄

貞享五年夏日

木曽路にて

棧やいのちをからむ蔦紅葉

韵塞の句也。白船にハ、蔦かづらと有。木曽谷と云集に書るは越人を供して更科の時とミへて、木曽谷と云集に此句に添て、霧晴て棧ハ目もふさがれず 越人。更科と書て、十六夜もまだ更科の郡哉。帰庵に十三夜、木曽の痩もまだ直るらぬに後の月。其年を越(て)、元日ハ田毎の月こそ恋しけれ

翁一とせさらしなの月、木曽路をかけて帰庵あり。うき事のミかたりも尽さぬそゞろごとゞも書捨給へるを予が文庫に残して、今爰に出し侍る。

 是ハ更科の紀行の奥に岱水が書る文也。

雨折々思事なき早苗哉

此句ハ岱水方にて影待の時と木曽谷ニ有。

観音のいらか見やりつ花の雲

此句は、かねハ上野か浅草かと云る前のとしの吟也、とキ角が書る也。

馬ぼくぼく我を絵に見る夏野哉

此文通に聞ゆる句也。白船にハ、枯野哉と有。

はじめハ、夏馬ぼくぼく我を絵に見る茂り哉と有。心哉とも。

似合しや新年古き米五升

是短尺に出る句也。はじめは似合しやと五文字有。後直る也。白船ニハ、年立やとあり。新年古し、と有。

笠寺や窟(いわや)ももらず五月雨

此句、尾陽笠寺の絵馬に哥仙有。貞亨五辰五月吉日と記ス。浅井氏是を写ス。

柳ごり片荷は涼し真桑うり

此句はさが(に)おハしける夏、之道訪ける時の吟也。白船にハ初桑瓜(ママ)と有。

杜若語るも旅のひとつかな

此句は万菊を供して難波の一笑が本に旅ねの時也。一笑はいがにて紙や弥右衛門と云る旧友也。三吟有。廿四句にて終ル。

一笑がワキ、山路の花の残る笠の香

万菊第三、朝月夜紙干板に明そめて

○あこくその心もしらず梅の花

此句は風麦亭にて兼日會に句を乞ハれし時の吟也。切字いろいろなしかへられて、心にのらざるのよし見え侍る故、予、此句はよく切侍るかと云けれバ、切るゝ事ハ切れ侍れども、切字を能入たるよし、初心の思ひ迷ふてミだりにならん事を憤りと云り。

馬草刈人をしおりの夏野哉

此句奥の細道になし。猿雖方へ松嶋旅よりの文通に、なすにて人を

とふらふと書て、此句有。かの細道に云る羽黒(ママ)の館代浄坊寺何某の事か。白船にハ、秣負ふと有。詞書畧之と有。

をなぎ澤桐奚方にて

秋にそふてゆかばや下はこまつがは

此自筆物の句也。白船にハ、女木澤桐奚本にて、秋にそふて行ばや末ハ小松川と有。

洛の桑門雲竹、自の像にやあらむ、あなたの方に顔ふりむけたる法師を画て、これに賛せよと申されければ、

君は六十年あまり、予は既に五十年にちかし。ともに夢中にして夢の形をあらハす。これにくハふるにまた寐言を以てす

こちらむけわれもさびしき秋の暮

此句前書、自筆之趣也。

洛御霊法印興行

半日は神を友にや年わすれ

是自筆の句・前書也。

湖水之眺望

比良三上雪さしわたせ鷺の橋

手をうてば木魂に明る夏の月

小萩ちれますほの小貝小さかづき

此句白船集に有。細道に、浪の間や小貝にまじる萩の塵と云句有。此直しの前の時の句かと、引句とす。

元禄二とせの秋、ミのゝ国大垣よりいせのせんぐうにまうで侍りしふねの中にて、おくり(け)る人に申たる句

はまぐりのふた身へわかれゆく秋ぞ

此句前書白船の趣也。細道の文別なり。かやうにも書て人に送られ侍るか。

榎の実ちるむくの羽音や朝あらし

笈日記の句也。白船ハ初あらしと下五有。

家は皆杖にしらがのはか参り

此句はじめは、一家みなと有。

名月や池をめくつて夜もすがら

續空栗に出る。丁卯のとしばせ(を)庵に月見むとて、舟催し参りたれば、とキ角前書せり。自筆ニハめぐりてと有。

あけ行や廿七夜も三日の月

此自筆物の句也。或集にハあけぼのやと有。

あつミ山や吹浦かけて(ママ)

此句白船に、渕菴不玉亭トアリ。

汐こしや鶴脛ぬ(れ)(ママ)

此句白船に腰長ト題付テ、腰長や鶴と有。

郭公消行方や島一ツ

此句白船に、聞行方やと有。

七日羽黒山を(に)こもりて鶴が岡に出る。

重行亭

珍しや山をい出(で)羽の初なすび

此句細道になし。前書之体は、自筆などニあるか。白船に出す。

稲妻や闇の方行五位の声

此句初は、宵やミくらし五位の声と有。後直る。

歩行なら(ば)杖つき坂、と云句に脇せよと、あれ是多く句を聞て、其内、角のとがらぬ牛もあるもの云句を取て、狂哥一首の様に有と云り。

旅に病で夢はの句、猶かけ廻る夢心と云句作り有。いでれをか、と有。

名にしあへる鵜飼といふものを見侍らむとて、暮かけていざなひ申されしに、人々稲葉山の木かげに席をまうけ盃をあげて

又やたぐひ長良の川の鮎なます

市人にいで是うらん笠の雪

   酒の戸たゝく鞭の枯梅    抱月

是は貞享のむかし、抱月亭の雪見なり。おのおの此第三すべきよしにて、幾たびも吟じあげたるに、阿叟も轉吟して、此第三の附方あまたあるべからずと申されしに、杜國もそこにありて、下官(やつがれ)もさる事におもひ侍るとて、

   朝がほに先だつ母衣を引づりて    杜國

と申侍しと也。されば鞭にて湯(ママ)屋をたゝくといへるものは、風狂の詩人ならバさも有べし。枯梅の風流に思ひ入らバ、武者の外に此第三有べからず。しからバ此一座の一興ハなつかしき事かなと、今さらにおもはるゝ也。

笈日記ニアリ。

尾張の国あつ田にまかりける比、人々師走の海ミんとて舟さし出て

海くれて鴨の声ほのかに白し
   ばせを

     おなじ比鳴海にわたりて

星崎の闇を見よとや鳴千鳥
   仝

斜嶺亭

戸をひらけばにしに山有、息吹といふ。花にもよらず雪にもよらず、只これ孤山の徳あり

其侭に月はたのまじいぶき山

笈日記に有。古翁前書と覚ゆ。

市人に此傘の雪うらん

是直に聞句也。紀行にハ、市人よこの笠うらう雪の笠と有。

笈日記にハ、市人にいで是うらん笠の雪とあり。抱月亭と前書あり。

画 讃

巴丈亭

はつかあた(ママ)りの月かすかに、山の根ぎわいと闇(くらく)、こまの蹄もたどたどしくて、落ぬべき事あまたゝび也けるに、数里いまだ鶏明(ママ)ならず。杜牧が早行の残夢、小夜の中山に至りておどろく

馬にねて残夢月遠し茶の烟

笈日記の趣也。紀行に出る句也。いさゝか前書違有。句、はじめは、馬上落んとして残夢残月茶の烟と云り。後、馬に寐てと初五直りて、猶後、残夢月遠しと直りたる句也。て残夢残月ハ句に拍子過たりと也。

守栄院

門に入ればそてつに蘭の匂ひ哉

笈日記の句也。白船にハ、蘭にそてつの匂ひ哉とあり。

園女

暖簾(のうれん)の奧ものふかし北の梅

笈日記の句也。直に聞、その女が脇に、松ちりなして二月の頃。白船にハ、奧物ゆかしと有。

うらやまし浮世の北の山ざくら

此句、武の深川より越のしらねに送り申されし奉納とあり。

初真桑四にやわらん輪にやせん

此句(笈日記也。)白船に酒田にての句也、たてにやわらん輪にや(ママ)切む、とあり。

初雪やかけかゝりたる橋の上

此句白船に、深川天(ママ)半かゝりける比、とあり。

蛤の生るかひあれ(ママ)

年々や猿に着せたる猿の面

此直に聞句也。世上人同じ所にたゝずむを打やぶり云たると也。

咲乱す桃の中より初桜

小文庫の句也。白船にハ、最中の桃の中よりとあり。

落柿舎閑居

○柚の花やむかししのべと料理の間

此自筆物の句也。猶、落柿舎逗留の故古(ママ)書捨を見れバ、むかししのばんとも有。いろいろなしかへられ侍るか。元禄四未の事也。小文庫ニハ、むかしをしのぶと有。

忘るなよ藪の中なる梅の花

此句初せみに、(或)門人に遣れし句とあり。

大和行脚のときに
たはむ(ママ)市とかやいふ處にて日の暮かゝりけるを、藤の覚束なく咲こぼれけるを

草臥て宿かる比や藤のはな

此句・前書、白船にあり。古翁の前書とミヘ侍る。又、撰者の書るか。

△冬牡丹千鳥よ雪のほとゝぎす

此句、道の記の句也。桑名本當寺ニてと有。笈日記ニハ(千)鳥かと有。桑名古益亭と有。

山路来て何やらゆかし菫草

此句初は、何とハなし何やらゆかしと有。

丈六のかげろふ高し石の上

白船にハ、丈六に、と有。の也。又、かげろふに俤つゞれ石の上と云句有。人にもきかせて後、かげろふ高しに盡ル。

青てもあるへきものを唐からし

此句に哥仙あり。深川集ニ出ス。

柳ごり片荷ハ重(涼)し初真瓜

此句にて哥仙有。市ノ庵ニ出ス。

花に浮世我酒白く食黒し

此句にて虚集に哥仙有。

木のもとハ汁も鱠も桜かな

此句にて瓢集に巻あり。

青ても有べきものを唐辛子

深川集、此句にて哥仙有。

口切に境の庭ぞなつかしき

同集、此句に哥仙有。

紫陽草や藪を小庭の別座敷

この句に巻あり。別座敷ニ出ス。

梅が香にのつと日の出る山路哉

此句にて哥仙有。炭俵に出る。

八九間空で雨ふる柳かな

此句にて哥仙有。続猿に出す。

松風の軒をめぐつて秋暮れぬ

此句にて一折有。泥足が集にいると聞侍る。

白菊の目にたてゝ見る塵もなし

此句にて園女が方にて一折有と聞。此一会生前の名残と也。

けふばかり人もとしよれ初時雨

此句にて許六亭哥仙有。

水鶏啼と人のいへばやさや泊

此句にて哥仙有。笈日記に出す。

ひらひらとあぐる扇や雲の峯

此句にて哥仙有。もゝねふりニ有。

花咲て七日鶴見る麓哉

此句(に)哥仙有。一ツ橋に出る。

旅がらす古巣は梅に成にけり

此句にて伊賀俳(ママ)影方にて哥仙有。

四方より花吹入れて湖の波

此句自筆物に、珍夕が洒堂の記にと前書有。

杜若語るも旅のひとつ哉

此句にて難波一笑が本にて万菊と三句(ママ)有。廿四句にて終る。

山吹や笠にさすべき枝の(形)

此句にて赤坂庵ニ巻半有。

年々や桜をこやす花のちり

此句にて万乎別墅の巻有。

里ふりて柿(ママ)もたね家もなし

此句にて望翠にて巻有。

七日羽黒山を(に)こもりて鶴が岡に出る。

重行亭

珍しや山をい出(で)羽の初なすび

此句細道になし。前書之体は、自筆などニあるか。白船に出す。

松茸やしらぬ木はのへばり付

此句にて赤坂庵に一哥仙有。いせの斗従来る時。

松風や軒をめぐつて秋暮ぬ

此句に半哥仙有。泥足が集ニ入。市庵カ。

旅 懐

此秋は何で年よる雲に鳥

此句にて天王寺大會ありと聞傳。



白船

元禄二とせの秋。ミのゝ国大垣よりいせの(せ)んぐうにまうで侍りしふねの中にて、おくりける人に申たる句

はまぐりのふた見へわかれ行秋ぞ



さが日記の内、元禄四辛未卯月十八日より

廿二日 朝の間雨降。けふハ人もなくさびしきまゝに、むだ書してあそぶ。其ことば、

喪に居る者ハ悲をあるじとし、酒を飮ものは楽あるじとす。さびしさなくばうからましと、西上人のよミ侍るハ、さびしさをあるじなるべし。又よめる、

   山里にこハ又誰をよぶこ鳥

      独すまむとおもひしものを

獨住ほどおもしろきハなし。長嘯隱士の曰、客ハ半日の閑を得れば、あるじハ半日の閑をうしなふと。素堂此言葉を常にあはれふ。予も又、

   うき我をさびしがらせよかんこどり

このページのトップに戻る

服部土芳に戻る