加舎白雄



「奥羽紀行」

 安永2年(1773年)5月15日、加舎白雄は門人斗墨、烏光を伴い奥羽行脚の旅に出る。

ふみづきやげにげに夜の筑波山

筑波山(茨城県つくば市)

ゆあがりや霧はながれて宵の月

那須湯元(栃木県那須郡那須町)

殺生石

(栃木県那須郡那須町)

秋の柳をれくち淋しもしやそれ

遊行柳(栃木県那須郡那須町)

関の戸やあふぎやぶれしあきの風

白河関(福島県白河市)

浅香山かつ見てゆかん沼の秋も

安積山(福島県郡山市)

くろつかやきぬうつ女住まじる

黒塚(福島県二本松市)

石はうつぶせに我は丹摺の袂かな

文知摺石(福島県福島市)

いのちふたつ露やすからぬむかしかな

大鳥城跡(福島県福島市)

行まゝの関に指折あきさびし

伊達の大木戸 (福島県福島市)

松がもとふた木の露をうけしらむ

二木の松史跡公園(宮城県岩沼市)

艸の花都も秋よよしや君

笠島(宮城県名取市)

いしぶみや朝狩どのゝ花もみぢ

壺碑(宮城県名取市)

秋久にはこぶ瀬ごゝろ

鹽竈神社(宮城県塩釜市)

松やしる旅ゆくすゑの秋しぐれ

末の松山(宮城県多賀城市)

いさよふやしらず雄島の雨の月

松島(宮城県宮城郡松島町)

ちるや柳たゞつちくれの西ひがし

高舘(岩手県平泉市)

ふりし代のひかり身にしむ巻ばしら

中尊寺(岩手県平泉市)

最上川

(山形県新庄市)

象潟

(秋田県にかほ市象潟町)

弥彦山

(新潟県西蒲原郡弥彦村)

出雲崎

(新潟県三島郡出雲崎町)

このページのトップに戻る

加舎白雄に戻る