平山梅人

『栞集』(成蹊編)


採荼庵二世平山梅人十三回忌追善集。

文化9年(1812年)、刊。成蹊序。さるみの正宗民玉跋。

梅人・杉風・芭蕉の真蹟を模刻。芭蕉真蹟は『あつめ句』の模刻。

杉風翁肉筆

予閑居採荼庵それか垣根に秋萩をうつし植て初秋の風ほのかに露置わたしたる夕へ

 白露もこほれぬ萩のうねり哉

このあはれにひかれてみつからか句

 萩うえてひとり見ならふ山路哉

となかめけるほともなく木枯のゝちにかの初秋の事思ひいてゝ

 こゝろえす月に見つけし雪の萩

杉風子



梅人発句集

   去年の秋居を星か岡に移す

初日影松の位のいかほとそ

浮時は一物もなき蛙かな

杉風叟のきのふけさ足の早きや若菜売といえるをおもひ出て

きのふけさ座敷の上も若菜売



   芭蕉翁懐旧

しくれせよ猿の小蓑を着て濡む

あられ聞や蓮をけふの檜笠

世にふるも更に時雨の十二日



青柳や臼ふむ僧の肩に垂る
  梅人

法に口明く軒の子雀
   成蹊

月霞大炊の春に舟入て
   民玉



牡丹咲や家は世かはり人かはり
   重厚

鹿なくや葛のうら吹夕より
   素丸

はつ雪やはなはなしくも松柳
   春江

棚橋やひよひよ草にうく蛙
   士朗

せめてもの雨弄ふ五月哉
   大江丸

朝皃のつらりと咲た初嵐
   民玉

鶯や内侍処の鈴の音
   蝶夢

世に細き道わすれしな枯野原
   桃隣

杓子とる妹か朝かほ咲にけり
   成美

蚊遣越して遠山松の見ゆる也
   成蹊

小坊主は風もひかぬやちる木の葉
   乙二

霍芝も色はむ空かとんほ飛
   道彦

ほし葉(ママ)釣壁をたゝけはかさかさと
   巣兆

寒のあく音とこそ聞け雉子声
   野逸

子規卯月も霞む高根かな
   烏明

山住の聞かしとすれと秋の鐘
   春蟻

足袋やからたひはいて出る初卯哉
   蓼太

朝顔に我行雲よ待しはし
   幽嘯

 二代
はせを忌や経のくたりも十七字
   宗瑞

すたる水湛へて芹の匂ひ哉
   兀雨

夜は耳に雪折すなり子規
   完来

宵はいふて十八粥を忘れたり
   午心

人に日のうつろひ初し若葉哉
   郁賀

小初瀬の桃にも雲のかゝる哉
   杉長

春めくや江戸も雀の鳴あたり
   一茶

山際や一霜うけて晩稲咲
   蓼松

はね炭や恨む半に君か膝
   里丸

野の宮の風除け椿さきにけり
   里丸

初雪と詠めせし間に雫哉
   既酔

帰り花人なつかしう咲にけり
   雨十

平山梅人に戻る